シカトルビューティートップ > ネイルの資格ガイド

  • 民間資格
  • 受験資格なし

ネイル

ブライダル・ジュエリー・介護業界でも活躍できる☆
ネイルとは、爪や指先のお手入れ、カラーリング・ネイルアート・人工爪作りなどを、指先を健康で美しくする施術です。
爪という小さなスペースに自分の技術やセンスを演出するので、とてもやりがいがあります。ネイリストとして様々な分野で活躍することが期待されています。

無料 資料を取り寄せる

ネイルの資格を取得するためのポイント

費用 50,000 ~750,000円 期間 1 ~12 ヵ月
・スクール直営店
・企業のサロン、美容室、ブライダル
・介護や医療施設での施術
・独立開業

・ 通学、 通信
・ 資格試験に合格

資格取得のメリット

講座によっては、修了証や認定証を取得することができます。
指先のオシャレを楽しむ女性や男性のネイルにも注目されており、活躍の場が広がっており、人気上昇中です。

ネイルの講座を受講できるスクールの詳細

クラスタイル ネイリストスタンダードコース (クラスタイル)
JNEネイリスト技能検定2級対策コース (クラスタイル)
ジェルネイルスタンダードコース (クラスタイル)
ネイルベーシックコース (クラスタイル)

ガーデンネイル・アイラッシュスクール ネイルベーシックコース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
ネイルディレクターコース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
ネイルプロコース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
ジェルネイルマスターコース(自宅開業) (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
ネイルディレクター+まつげエクステコース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
ネイルプロ+まつげエクステコース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
自宅開業プチパック(W資格)コース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)
自宅開業W資格コース (ガーデンネイル・アイラッシュスクール)

主な協会検定

■ネイリスト技能検定
  年2回(3級は年4回)
■ネイルスペシャリスト技能検定
など

ネイルを取得すると

<なぜ資格取得をめざすの?>
厳密にいえば資格を取らなくても働くことは可能ですが、爪は健康に関わる侮れない身体の一部なので、専門知識を正しく習得したうえで施術を行う必要があります。
ネイリストはお客様の好みやファッション、流行に合わせて爪をデザインするだけではなく、時には二枚爪などのネイルケアにも対応することもあるため、豊富な知識と経験が必要と言えます。

<ニーズと将来性>
今後ますます多様化されていくネイリスト・ネイルアーティストの活躍の場は、ますます広がっていくことでしょう。

<主な就職先>
最大の就職先はネイルサロンです。
近頃ではエステティックサロンやヘアサロン、ブライダルサロンなどでもネイルアートのサービスを提供するところが多くなっています。

<雇用形態>
ネイルサロンなどで技術を習得するとともに経験を積めば、将来独立してサロンの開業やフリーランスのネイルアーティスト・ネイルアドバイザーとしての活躍も可能です。

無料 資料を取り寄せる

ページの先頭に戻る

ライフスタイルに合わせて資格の勉強♪

人気資格ランキング