厚生労働省が効果を実証!認知行動療法士になろう

2015年10月05日(月)13:00

認知行動療法とは

認知行動療法は、欧米においてうつ病やパニック障害、不眠症、など多くの精神疾患に効果があることが実証され広く使われている。

ストレスを感じると人は、ものの受け取り方や考え方が悲観的になるが、そうした考え方のバランスを取りストレスに上手に対応する心の状態を作る手助けをするのが認知行動療法だ。

日本においては、2014年から警視庁がストーカー加害者の治療として取り入れている。認知行動療法は、副作用がなく再発率が低いことから注目されている。

認知行動療法のスペシャリスト「認知行動療法士」

認知行動療法士は、日本推進カウンセラー協会の認定資格。認知行動療法を用いたセルフカウンセリングやストレスを自分自身で解決し、人の心を癒す心の専門家である。

認知行動療法士認定資格試験は年2回実施され、受験料は20,000円。日本推進カウンセラー協会の心理カウンセラーであり、ハートフルライフカウンセラー学院の認知行動療法士養成講座、または、認知行動療法セラピスト養成講座を修了しているもの。

もしくは、大学の心理学、それに隣接する学部を卒業しているものが、受験の対象となる。

認知行動療法を気軽に活用

認知行動療法の治療ではないが、技法のトレーニングになる「認知行動療法活用サイト」もある。近年では、簡易型の認知行動療法も研究され福祉や教育の現場で役立っている。

(画像は日本推進カウンセラー協会HPより)


▼外部リンク

認知行動療法センター
http://www.ncnp.go.jp/cbt/about.html

日本推進カウンセラー協会
http://jp-ca.jp/publics/index/17/

認知行動療法活用サイト
http://www.cbtjp.net/

こちらもどうぞ

自分を知りストレスから解放される「メンタルトレーニング講座」実施

ストレスを解消!「メンタルトレーニング講座」実施生涯学習のユーキャンは「メンタルトレーニング講座」を実施している。受講料は一括払いで39,000円。また無理せずに継続できるテキストが用意されている。※詳細は同サイトで確認していただきたい。 講座で学べるこ…

続きを見る

自分自身を見つめ直す。呼吸法を用いたストレス対策「セルフケア講座」

大阪・大分・山口・東京にてリズミックブリージング(R)協会では、大分・山口・大阪・東京にて、『セルフケア講座』を開催する。 同協会は、さまざまなパーカッションとリズムに合わせた呼吸法を提唱しており、呼吸法を用いて、自分自身のストレスや感情との向き合い…

続きを見る

介護予防は「健康づくり」と「自立支援」!香取市の取り組み

積極的な介護予防千葉県香取市では、高齢者の介護予防について積極的に取り組みをおこなっている。 香取市では、介護予防を単なる運動機能回復や、栄養状態の改善ととらえるのでなく、各々の「生きがい」や「生活の質の向上」を目指すものだと考えている。 具体的…

続きを見る
アクセスランキング※過去7日間