2010.04.30 UP

医療事務の資格を
取得して彼女が得たものとは?

~元・フリーターの就活サクセスストーリー~
「実用性で選んだら、やっぱり医療事務でした」

1年間のフリーター生活にピリオド。そうだ、資格を取ろう!

写真01

警察官になりたかった私は、お金を貯めて公務員の専門学校に通うため、大学卒業後は就職せずにファミレスでアルバイト。接客は好きなので楽しかったです。ところが、そんなフリーター生活も1年が経とうとしていた頃、家庭の事情で就職せざるを得なくなってしまいました。
しかし世の中は“超”がつくほどの不景気!いきなり就職と言っても難しいことは目に見えていましたから、まずは何か手に職をつけたくて、「そうだ、資格を取ろう!」と思い立ちました。


医療事務なら「女性が長く続けられる」「景気に左右されない」

写真02

資格を探していたとき、テレビのCMで流れていたのが医療事務の資格講座。「女性が長く続けられる」、「景気に左右されない」、「今、社会で必要とされている」…まさに「これだ!」っていう感じでしたね。
いろいろ講座を調べたなかで、意外と短期間で取得できるのも良かったです。私は通学コースで3ヶ月間受講しました。修了後は、講座を受けた会社の紹介制度を利用したためスムーズに就職することができました。


副リーダーに昇格!ステップアップも望めます

現在の病院(中規模の総合病院)に転職してきて約2年。半年前から、事務課の副リーダーを任せていただいています。 リーダーになって変わったこと?そうですねぇ…スタッフの勤務管理や他部署の仕事(例えば患者さんの保険証を確認する仕事、お会計をする仕事、接遇もそうです)まで、視野が広がりましたね。また病院全体のことを把握できるようになりました。

将来結婚して子どもができたら、地元のクリニックでのんびり働きたいなと思っています。でも小さい病院ほど経験必須、一人で何でもこなせなくてはいけません!だからこそ今は、ここでシッカリ学んで経験を積まないと!

写真03   写真04   写真05

仕事と同じくらい大事?!週に2日の剣道がライフワーク

趣味の剣道は、もう16年のキャリアになります。もともと警察官を目指したのも、剣道を活かすためでした。今は4段なので、今年は5段合格を目標に稽古中!もうどっちが本業かわからないくらいですね(笑)。
残業がほとんどないのも、この仕事の良いところ。月末月初は請求業務で行けないこともあるけど、それでも週に2日は道場に通っています。

夢が広がる医療事務。意外とハードだけどおススメです!

写真02

医療事務の仕事は受付に座ってパソコンカタカタ…だけではないんです。午前中は患者さんが押し寄せて座るヒマもないくらい忙しいし、イメージよりハードなのも確か。
そのなかで「これも算定できますよ」と先生に提案したり、ゆくゆくは私も病院の利益を上げることまで貢献できたら面白いだろうなぁって!専門職としてのやりがいは大きいです。今迷っている方にも、自信をもってオススメしたいですね!



取材協力:ニック教育講座 日本医療事務センター

取材後記

仕事と趣味の剣道、上手に両立している様子の加増さん。実は今、地区大会に向けて猛特訓中だとか!最後には「警察官に未練はありません」と、キッパリ。どうやらオン・オフきっちり分けられる医療事務の仕事が、彼女にはピッタリだったみたいですね。
加増さんの地区大会での雄姿、期待しています☆

アロマテラピーの資料を取り寄せる