資格ならシカトルトップ > セラピストの資格ガイド > セラピストの求人は?

セラピストの求人は?

セラピストの求人は?

セラピストの求人は、どういったセラピストなのかによって数にかなり開きがあるようです。
ストレスの多い現代社会では、体の不調や心の不調を感じる人が多く、セラピストの需要も高まっています。都心では特に、リラクゼーションサロンやクイックマッサージ、エステサロンなどは、年々増加しています。スパやスーパー銭湯といった温浴施設でも多種多様なサービスを行っていますので、ボディ系のセラピストの求人はとても多くあります。チェーン展開されているサロンでは求人募集を常時出していたり、未経験者でも提携スクールへの入学や社内研修を条件に募集をしていたりします。
また、登録・派遣制でホテルやクライアントの自宅に出向き働くという、出張セラピストという働き方もあり、こうした求人も多く出ています。
スクールで資格を取得後、就職支援を行っているスクールもあります。提携やそれ以外のサロンを紹介してもらえたり、そのスクールで講師となったり、独立開業の場合も相談に乗ってもらえたりします。ご自分が働きたい種類のサロンが決まったら、求人誌や求人サイトと併用してサービスを利用すると良いでしょう。
セラピストの中でも、心に働きかけるセラピーや物質の持つエネルギーを利用して行うセラピーなど、いまだ認知度が低いセラピーの場合には求人数も少なくなっています。そうしたセラピストの場合、どこかへ就職しているよりも、資格取得後は個人サロンを開いたり、イベントやセミナー、ワークショップなどで講演したり、教えたりと個人で仕事をしている場合が多いようです。
また医療や福祉の現場で働くリハビリテーション職と呼ばれる国家資格を必要とするセラピストや、難易度の高い臨床心理士資格を持つ心理系のセラピストなどの求人も、あまり多いとは言えません。離職率が低いこともあり、病院や施設にもよりますが毎年求人を出すわけではないようです。同じく国家資格を必要とするあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などは、求人も多くあります。もちろんリラクゼーションサロンなどでも働けますが、それらの資格があれば整骨院や鍼灸院で働いたり、開業したりする方の方が多いです。

セラピストは、どういった種類のセラピストになるのか、どういった形態で働くのかによって働く環境が大きくかわります。そのため、ご自分に合った働き方を見つけやすい仕事とも言えます。