資格ならシカトルトップ > 医師事務作業補助者の資格ガイド

医師事務作業補助者とは?

医師事務作業補助者とは?

医師事務作業保持者は、医師の業務負担を軽減するために、医師が行う幅広い業務内容のうち事務作業をサポートする人のことです。病院によって様々な呼称があり、医師事務作業保持者のほかに、「医療秘書」や「医療クラーク」、「メディカルアシスタント」などと呼ばれることもあります。
日本の医療業界で取り沙汰される様々な問題の中でも、最も緊要な問題の1つに慢性的な医師不足による医師の過重労働があります。これは医療の質の低下に直結する問題であるため、医師が医療業務に専念するため、負担の大きい事務作業を補助する目的で、2008年に診療報酬改定によって医師事務作業補助体制加算が新しく設置されました。
医師事務作業補助者に就くのに必須の資格は特にありませんが、医療に携わる仕事ですので幅広い専門知識が必要とされます。知識や技能の習得や、そのスキルの評価・証明となったりするものに、資格があります。医師事務作業保持者の資格は国家資格ではなく、いくつかの機関の認定する民間資格があります。

医師事務作業補助者の講座を受講できるスクールの詳細