資格ならシカトルトップ > 介護予防の資格ガイド > 介護予防訪問介護の仕事に就くには?

介護予防訪問介護の仕事に就くには?

訪問介護とは、要介護認定を受けてサービスを利用される高齢者のご自宅へ出向き、食事や入浴、排泄、掃除や身の回りのことを行うサービスです。
この訪問介護のサービス内容については、介護予防でも通常の要介護者向けでも同じサービスになります。

この訪問介護の仕事は、ホームヘルパー2級・介護職員初任者研修修了者や介護福祉士、看護師などが就くことができます。施設でのお仕事ですと、無資格でも就業可能な所もあるようですが、訪問介護については資格がないと行うことができません。
基本的に1人(入浴介助等が必要な場合ですと2人のこともあります)で利用者宅を訪問し、介護サービスを提供します。施設で行う介護サービスとは異なり、単独での介護ですから、介護者としての専門的な知識や技術がより重要となります。
※平成25年度よりホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修へ移行されました。介護職員初任者研修は、全てのカリキュラムを受講し、修了試験へ合格すると資格を取得できます。
これから訪問介護のお仕事に就きたいと考えている方は、まず介護職員初任者研修の取得をおすすめします。働きながらこの資格を取得を勧める介護施設もあるので、まずは施設で働きながら取るというのも1つの方法です。