掲載のお問合わせはコチラ フリーダイヤルでも資料請求が可能です。0120-56-4516まで。

介護職員初任者研修

(ホームヘルパー2級)

講座費用/20,000円台~ 期間/3週間~

お近くの講座資料をまとめて請求!資料送付先の入力画面へ

資格ならシカトルトップ > 介護職員初任者研修の資格ガイド > 通信講座について

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)通信講座について

介護職員初任者研修は
通信講座でも取得できるの?

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は通信の講座もありますが、完全に通信のみで完結するのではなく、どのスクールでも「通信(自宅学習)+通学(実技スクーリング)」の併用学習が必須となっています。

通信講座でも、通学講座と同様に130時間のカリキュラムを修了する必要があり、その内訳は自宅学習(最大40時間)+実技スクーリング(90時間)となっています。
通信講座に必要なスクーリングの日数は15日前後となり、通学講座と比較すると7日間程度通学日数を短縮することができます。

資格取得に励む女性の図

1. 介護職員初任者研修の通信講座での資格取得までの流れ

自宅学習最大40時間+実技スクーリング→修了試験→資格取得

通信講座は所定のテキストを使用した自宅学習を行い、期間内に3~6回程度、課題を提出します(決して難易度が高いものではございません)。
自宅学習修了後、または同時進行で、スクーリングにより実際に介護演習を行います。
課題提出とスクーリングを終了後、修了試験があり、合格すると晴れて資格取得となります。
試験は難しいものではなく、課題提出を完了し、スクーリングを終えた方であればほぼ間違いなく合格出来るものです。

2. 介護職員初任者研修の通信講座での取得期間は?

学習期間の目安は、平均3ヶ月程度となります。
短期集中の講座であれば最短3週間での取得も可能です。

3. 介護職員初任者研修の通信講座での受講費用は?

受講費用はスクールによって様々ですが、最安2万円台~13万円の間となっています。
取得できる資格は変わりませんが、スクールによって特徴が異なりますのでお値段だけではなく、講座内容やサポート内容なども比較してみるのがよいと思います。
コースの種類が複数あったり、講師陣が充実していたり、資格取得後のサポートが充実していたりなどメリットもスクールごとに様々です。
まずは、ご自身がどのように学ばれたいかを考えて受講する学校を選ぶことが大切です。

4. 介護職員初任者研修の通信での勉強内容

職務の理解

総学習時間:6時間、通信学習上限:0時間
この科目では、介護保険制度のサービス、介護保険外のサービスなどの様々なサービスについて、 サービスの特色や利用される方について理解し、 介護とはどのような仕事なのか、実際に介護サービスを提供するまでの流れ等を学習します。

介護における尊厳の保持・自立支援

総学習時間:9時間、通信学習上限:7.5時間
介護における尊厳の保持・自立支援は、介護保険制度の基本理念です。高齢者の尊厳のある暮らしを支えるための自立支援、 介護予防という、介護サービスを提供するにあたっての基本的視点を学びます。合わせて、尊厳を傷つける行為、虐待防止、 身体拘束について、定義や対応、具体的に該当する行為等について学習します。

介護の基本

総学習時間:6時間、通信学習上限:3時間
この科目では、介護職員に求められる職業倫理と専門性を学習します。また、 介護の現場における安全確保として重要となる事故・感染についての予防、対策など、業務上必要となる基本的な知識を習得します。

介護・福祉サービスの理解と医療との連携

総学習時間:6時間、通信学習上限:3時間
この科目では、介護におけるコミュニケーションの目的や必要性、ご利用者やご家族、介護スタッフ間での情報共有について学びます。 利用される方の状況に合わせたコミュニケーションの方法の違いや、注意点も学習します。

老化の理解

総学習時間:6時間、通信学習上限:3時間 
この科目では、老化に伴う心と体の変化と特徴として、老化の分類や基準、それぞれの身体機能の変化学習します。合わせて、 高齢者に多い疾病の種類とその症状や特徴及び治療・生活上の留意点についても学習します。

認知症の理解

総学習時間:6時間、通信学習上限:3時間 
この科目では、認知症の基礎として概念や原因疾患と原因疾患別の特徴を理解し、 認知症ケアに必要な視点など具体的な関わり方について学習します。また、認知症のご家族へのサポートについても学習します。

障害の理解

総学習時間:3時間、通信学習上限:1.5時間 
この科目では、障害における生活面や医療面での支援、障害者やご家族の心理的状況を学ぶ内容になっています。 こちらも認知症の理解と同様に、ご家族へのサポートについても学習します。

こころとからだのしくみと生活支援技術

総学習時間:75時間、通信学習上限:12時間 
この科目では、こころ(記憶、感情、意欲、生きがいなど)とからだ(各部の名称、動き、役割など)を学習します。 知識の習得後に、演習として食事介助や移乗・清拭など介護の現場で実際に行われている介助業務の具体的な方法を学習します。

スクール選びの流れ 1.このサイトから一括請求 2.資料が届いたら比較・検討 3.スクール決定直接申し込み
お住まい近くの介護スクール資料を無料でお届け!
お取り寄せしたい都道府県を選択してください。
お送り先の入力
必須お名前
  
必須ふりがな
  
必須電話番号 - -
Next

セキュリティ保護のため,SSL(暗号化通信)を使用しています。

資料請求には弊社の利用規約への同意が必要です。

現在選択中の地域 >>