資格ならシカトルトップ > 介護事務の資格ガイド

介護事務とは?

介護事務とは?

介護事務は、介護事業の運営に不可欠の「介護報酬請求業務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。一生役立つ業界必須の専門技能です。
超高齢社会に突入した今、介護サービス利用者も年々増加しており、介護事務の更なる活躍が期待されています。
仕事はデスクワークが中心なので、体力的な負担が少なく、長く安定して働きたい方に人気の資格です。

介護業界に欠かすことのできない「介護福祉士」や「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」、「実務者研修」などの資格は、実際に現場で利用者さんに介護サービスを提供するのに対し、「介護事務」や「ケアマネジャー」は、介護事業所などで基本的にデスクワークを行います。中でも介護事務は、請求業務や事務作業など、介護サービスに必要不可欠でいわば縁の下の力持ちとしてデスクワークを担当します。福祉系資格には受験資格として、実務経験が必要とされるものが多いのですが、介護事務は受験資格が不要です。受験に必要な資格や条件がありませんので、介護についてまったくの未経験の方でも挑戦できます。


■短期間で簡単に専門技能を習得したい!
介護事務は福祉系資格の中でも難易度が低く、学習範囲も限られています。
さらに効率的に実力養成ができるカリキュラムが多く、最短でわずか3日間の短期速修が可能な学校もあります。
受験資格が不要ですので、初心者でも短期間でムリなく技能が身につく大人気の資格です。
また暗記が不要なことも人気の一つです。介護事務の仕事は、資料を見ながらレセプトを“正確に”作る事です。 そのため、細かい暗記の必要はありません。試験はご自宅で自分のペースでテキストを見ながら受験できたり、 添削課題を一定レベルでクリアすることで、無試験で修了認定が受けられるなど、合格率が非常に高い資格です。がんばる方は100%合格を保証している学校もあります。

■年齢に左右されずに長く働き続けたい!
年齢を重ねても働きたいと思うと、力仕事や長時間のハードな仕事は難しくなってきます。 しかし、介護事務の仕事は座って行うデスクワークが中心なので安心です。実際に幅広い年代の方が活躍しています。
また、今の経験やスキルに介護事務の技能をプラスすることで、仕事の範囲が広がり、更なるステップアップの可能性も高くなります。 現役のケアマネジャーやこれからケアマネジャーを目指す方はもちろん、将来、体力的な負担を減らしたい介護福祉士やヘルパーの方にもおすすめです。

■人の役に立つ仕事がしたい!
介護事務は介護・福祉業界をデスクワークで支えます。事業所の運営に絶対欠かせない存在で、人に必要とされる、やりがいのある仕事です。
また、介護サービスを利用する方やそのご家族と、受付で最初に接するのは介護事務スタッフです。
介護事務はたくさんの人に頼りにされ、人の役に立つ喜びを直に感じることができます。

■家事と育児と仕事を両立させたい!
介護事務なら、パートタイムや正社員など、ライフスタイルに合わせて働くことが可能です。スキルは全国共通なので、引っ越しがあっても身近に職場を見つけやすく、 家事や育児との両立がしやすいことが特徴です。
介護業界は慢性的な人手不足で、今後もますますニーズが伸びることが期待されています。 また、講座修了と同時に無試験で「修了認定証」がもらえる学校もあります。他の介護関係の資格と比較しても断然取得しやすい上に、 履歴書でもしっかりアピールできます。資格は一生有効なので、一度取得しておけば、いざ働こうと思った時にライバルと差をつけ、 就職活動の強い味方になってくれることは間違いありません。



■介護保険の知識を身につけたい!
介護保険制度は、ご家族や身近な方はもちろん、自分自身にとっても他人事ではありません。
介護事務の技能を身につける中で、いつかは必ず誰もが直面する介護または介護保険制度についての知識も養えますので、いざ介護保険を利用することになった時も役立てることができます。

すべての国民は40歳になると自動的に介護保険に加入します。そのため、40歳を過ぎると介護保険料を支払う必要があります。
こうした介護保険制度に関する知識は、介護事務技能を身につける過程で、詳しく学べますから、いざという時も思う存分役立てられます。

■就職活動までサポートしてほしい!
シカトルお取り扱いのある学校さんは、就職活動サポートも充実しています。
介護事務の資格取得後すぐに活動できるよう、様々なサービスを提供しています。
早速資料を請求し、資格取得後の先まで見据えた視点で、比較検討してみてはいかがでしょうか。

介護事務の講座を受講できるスクールの詳細