資格ならシカトルトップ > 福祉住環境コーディネーター2・3級の資格ガイド

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者の方に対して、できるだけ自立して暮らせるよう安心で住み良い住環境を提案する人材です。
医療・福祉・建築・福祉用具などの幅広い知識を身に付け、それぞれの専門家と連携をとりながら、利用者に適切な住環境整備を行います。 利用者の心身状態や経済状況などはそれぞれですから、必要とされる住環境も様々です。利用者の特性に合った、快適な住環境を実現するためには、 様々な分野の専門家と調整を行えることが必要です。様々な分野の知識を広く身に付けている福祉住環境コーディネーターのニーズは、高まってきていると言えるでしょう。
東京商工会議所の主催する福祉住環境コーディネーター検定試験Rに合格することで、1~3級の合格証を取得できます。介護保険制度や福祉用具の知識も学びますから、 ご家族の介護やご自宅の住環境整備など、ご自分の生活に生かしていただくことが出来ます。お仕事で活用したいということですと、2級以上の取得がおすすめです。 2級を保有していると、介護保険を利用した宅改修を行う際に必要な書類の作成を行えます。

福祉住環境コーディネーター2・3級の講座を受講できるスクールの詳細