資格ならシカトルトップ > 実務者研修の資格ガイド > 実務者研修と介護福祉士

実務者研修と介護福祉士

「実務者研修」は実務経験ルートから国家試験である「介護福祉士」を目指すために必要となる「受験資格」です。
平成25年度より「介護職員基礎研修」及び「ホームヘルパー1級」は「実務者研修」へ一本化され、新しいキャリアパスが誕生しました。
平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として「実務経験3年」に加えて、「実務者研修の修了」が義務づけられます。

実務者研修の受講が義務付けられるのは平成28年度からですが、平成24年度より経過措置として、 実務者研修を受講した方は国家試験である「介護福祉士」の「実技試験が免除」されます。

新しいキャリアパスは、
1.【介護職員初任者研修(旧 ホームヘルパー2級)】 ⇒ 2.【実務者研修】 ⇒ 3.【介護福祉士】 ⇒ 4.1)【ケアマネジャー】、2)【認定介護福祉士(仮称)】となります。

具体的な内容は下記の通りです。

1.【介護職員初任者研修(旧 ホームヘルパー2級)】
介護の入門資格です。
基本的「知識」「技術」を習得し、指示を受けながら介護業務を実践します。

2.【実務者研修(旧 ホームヘルパー1級・介護職員基礎研修課程)】
介護福祉士の受験資格であり、「専門知識」「応用技術」「医療的ケア」を習得します。「介護福祉士」を目指すなら、平成28年度以降は修了必須の資格となります。

3.【介護福祉士】
介護職員の国家資格です。幅広く的確な「知識」「技術」を取得し、 介護のプロ・介護リーダーとして活躍できます。

4.1)【ケアマネジャー】
適切なケアプランを作成する独占資格です。
介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめます。
2)【認定介護福祉士(仮称)】
更なる高みの新資格です。質の高い介護を実践・指導し、職業間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善していきます。

また、平成24年4月から法改正により一定の研修を修了した介護職員が「たんの吸引」や「経管栄養」を行うことができるようになりました。
実務者研修は、「喀痰吸引等研修」の講習・演習部分に該当する「医療的ケア」を受講しますので、「介護福祉士」資格取得後に都道府県が行う 「喀痰吸引等研修」を受講する必要がなくなるのもメリットです。但し、喀痰吸引等の実施のためには実施研修を修了することが必要となります。
平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられますので、 平成29年度からはすべてこの技術を習得した介護福祉士が現場で活躍することになります。

現場内でのサービス提供責任者の需要は高く、実務者研修の資格を取得すれば、 客観的な視点からサービスを見直すことができるとして、事業所としても期待をもって雇用することができますので、 今後のキャリアアップ・就職にも必ず役立ちます。実務者研修を修了している方は、サービス提供責任者になれるだけでなく、 実地研修を受けると「たん吸引・経管栄養」ができるようになるので、ぜひとも採用したい、現場で必要な人材となることができるのです。
そして、将来介護福祉士を目指して、働きたいという意欲もまた採用の段階や、考課で好影響をもたらします。さらにこの資格をもって3年の実務経験を踏めば、 国家試験である「介護福祉士」の受験資格も得ることができ、さらにはその上位資格である「認定介護福祉士(仮)」をも目指すことができるとして、今大変注目されている資格なのです。