資格ならシカトルトップ > 医療事務の資格ガイド

医療事務とは?

医療事務とは?

医療事務は病院などの医療機関における事務の仕事です。
一般の事務と比較して、医療に携わる人間としての基礎的な医学知識や医療保障制度、 医療関連の法規などについての知識が求められます。
このように多くの専門知識を身につけることが求められますが、その分、 たくさんの人の助けになるサービスに携われるというやりがいがある資格です。
受験資格があるわけではないため、未経験でも資格取得が可能です。

資格のメリット
■ブランクがあっても復職しやすい
職場が医療機関ということもあり、出産や育児に対する理解が高い
上司・同僚に恵まれていることが多いです。
出産後の職場復帰も簡単で、年齢に関係なくそれまでの業務経験をしっかりと評価してくれます。

■全国どこへ行っても働ける
医療事務はルールに基づき正しく行うという特性上、業務内容や求められるスキルは全国共通です。
そのため、家族の転勤など勤務地を変更する必要が出てきた場合でも身に付けているスキルはすぐに新しい場所で活用できます。
勤務地の変更により身に付けた経験が無駄になることがないのは医療事務の強みです。

■勤務形態が選べる
様々な勤務形態があることも医療事務のメリットの一つです。
例えば、家事との両立のため正職員が無理なときでも、派遣社員やパートで働くなど、自分のライフスタイルに合った勤務形態が選べます。

■専門知識やスキルを活かし、いくつになっても働ける
様々な勤務形態があることも医療事務のメリットの一つです。
医療事務の仕事は、実務経験が重宝されるため、実務経験者となれば、いくつになっても働ける仕事です。
診療報酬請求事務は、とりわけ高い専門知識とみなされ、実務経験のある方は、医療の現場から強く求められる人材となります。
年齢は関係ありませんから、一度経験すればいくつになっても再就職が可能という魅力があります。

■景気に左右されない
安定志向が強い方にとって心強いのが医療事務の資格です。医療の分野に不景気という言葉はありません。
医療事務の資格は就職に有利で、全国各地に働く場所がたくさんあり、景気に左右されない仕事として大人気です。
異業種からの転職もスムースで、求人も増えています。

■時給1,600円以上の求人も
ほかの事務の仕事と比べて、医療事務は勤務経験や業務に関する知識、資格の有無を高く評価してくれる仕事です。
医薬品関連企業の症例登録業務や、レセプトシステム企業の電話オペレータ、医療事務マネージャー候補など、 医療事務経験を積めばつむほど、経験者ならではの高待遇な求人も待っています。

■社会貢献の実感が多く得られる
医療事務の現場では患者様やそのご家族など、その施設を利用する方々と触れ合う機会が多く、 日々の業務の中で、感謝の言葉が聞けたり、人の役に立っているという実感が湧いてきます。
そのような場面に接する機会が多いことは、医療事務の仕事の特権の一つではないでしょうか。

医療事務の仕事はどのような仕事ですか?

行う業務は大きく分けて「患者サービス業務」と「レセプト業務」が中心となっています。
【患者サービス業務】
文字通り、患者様の応対を行う業務です。 医療事務と聞いてよくイメージされる「受付」と「会計」「電話応答」などがこれに当たります。
病院に来られる患者様の受付を行います。初めての来院の場合は“新患登録”といって、その患者様のカルテを作ります。
紙のカルテに保険証を見ながら手書きで保険情報を書き写す病院も中にはありますが、最近では大抵の病院で電子カルテを導入していますのでパソコンで保険情報を打ち込みます。
受付業務においての重要なポイントは正確性です。保険者番号は、病院側がかかった医療費を請求するのに大事な番号なのでこれを間違えてしまうと病院の大きな損害になってしまいます。
あせらず落ち着いて手早く作業を行いましょう。

【レセプト業務】
いわゆる「診療報酬請求業務」のことです。
レセプトとは、診療報酬明細書のことで、実際にかかった医療費のうち、患者様の自己負担を除いた医療費を、病院等が保険機関に請求する明細書のことです。
月末から月初めにかけて、患者様一人一人が一ヶ月の間に行った診療をまとめる明細書を発行します。
これを毎月10日までに各支払機関へ提出することによって病院の収入が支払われます。
なお、行政はレセプトオンライン化を薦めていますが現状では紙提出の病院も少なくありません。
レセプト業務で間違いに気付かず直さないまま提出してしまうと翌月に返戻されレセプトが戻ってきてしまいます。
戻ってきてしまうとその月の病院の収入にはならないので、経営に支障が出てくる場合もあります。ここでもやはり正確性が大事であるといえます。

医療事務の需要は?

「チーム医療」と言われているように、今医療の現場では、医師・看護師と共通言語の持てる医療事務スタッフを求めています。
医療従事者同士の会話の中では多くの略語や専門用語が使用されています。 そのため、医療用語やからだのしくみなど実務に活かせる学習も可能です。
医療事務の資格を持っておけば、働き先は日本全国に数多く存在します。
働き方は、正社員に限らず、 パート、アルバイトなど様々なため、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことができます。
女性らしいきめ細やかさが活かせる専門職で、家事や育児、介護などとの両立が可能と言われています。 医療関係の仕事についてみたい。やりがいのある仕事をしたい。 そう思っているあなたに、一生活かせる資格が「医療事務」です。

医療事務の講座を受講できるスクールの詳細