フリーダイヤルでも資料請求が可能です。0120-56-4516まで。

講座費用/20,000円台~ 期間/7日~

お近くの講座資料をまとめて請求!資料送付先の入力画面へ

資格ならシカトルトップ > 福祉用具専門相談員の資格ガイド > 資格取得方法

福祉用具専門相談員の資格取得方法

福祉用具専門相談員の資格は、都道府県の指定した福祉用具専門相談員指定講習を受講し、所定の課程をすべて修了する必要があります。
2015年4月からは、法改正により1時間程度の修了試験も実施されることになりました。
カリキュラムは下記の通りです。

カリキュラム
1日目
  • オリエンテーション、福祉用具の役割(1時間)
  • 福祉用具専門相談員の役割と職業の倫理(1時間)
  • 介護保険制度等の考え方と仕組み(2時間)
  • 介護サービスにおける視点(2時間)
2日目
  • からだとこころの理解(6時間)
  • 高齢者の日常生活の理解(2時間)
3日目
  • リハビリテーション(2時間)
  • 住環境と住宅改修(2時間)
  • 介護技術(4時間)
4日目 福祉用具の特徴(8時間)
5日目 福祉用具の活用(8時間)
6日目 福祉用具の供給の仕組み(2時間)
福祉用具貸与計画等の意義と活用(5時間)
7日目 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与
計画等の作成(5時間)
修了評価(1時間)
51時間

福祉用具専門相談員の資格を取得するには、修了試験に合格する必要がございますが、万一最終テストに不合格になっても、補講を行い、後日レポートを提出することによって資格を取得することができる学校もあるようです。

受験資格について

受講資格は特にございません。どなたでも指定講習を修了すれば取得することができます。 受講者は指定福祉用具貸与・販売の事業所にお勤めの方、これから介護事業所などにお勤め予定の方などに加え、ご家族を介護されている方や、 将来の就職活動に備えて取得する方などがいらっしゃいます。

福祉用具専門相談員は国家資格?

福祉用具専門相談員は国家資格ではありません。ですが、厚生労働省の指導の下で行われる研修であり、認定は、指定を受けたそれぞれの教育機関により行われます。民間の認定資格とは異なり、介護保険法に基づく資格ですから、安心して受講できる講習会です。