資格ならシカトルトップ > 保育士の資格ガイド > 保育士の資格取得方法

保育士の資格取得方法

保育士の資格取得方法

保育士の資格を取得するには2つの方法があります。

①児童福祉法に基づき、厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設を卒業する
指定保育士養成施設にて、指定された科目をすべて履修し、保育所および福祉施設での実習を両方とも終了し、卒業することによって、保育士国家試験の受験を免除されます。
指定保育士養成施設には、大学・短期大学・専門学校などがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、簡単にご紹介します。

【大学で保育士資格を取得するメリット】
・卒業すれば、試験を免除されるため受験することなく資格を取得することができる。
・4年間の学習でじっくりと保育や関連の知識を得ることができる。
・幼稚園教諭や小学校教諭の免許も同時に取得できる大学がある。

【大学で保育士資格を取得するデメリット】
・卒業まで4年間かかるので、すぐに働きたい人には向かない。
・4年間通う分、費用がかかる。
・通学制のため、社会人や主婦などには通うのが大変。

【短期大学・専門学校で保育士資格を取得するメリット】
・卒業すれば、試験を免除されるため受験することなく資格を取得することができる。
・2年または3年で卒業できる。
・幼稚園教諭2種免許も同時に取得できる場合がある。
・4年制大学より費用が安い。

【短期大学・専門学校で保育士資格を取得するデメリット】
・2年(または3年)で学ぶため、勉学・就職活動ともに忙しい。
・通学制のため、社会人や主婦などには通うのが大変。

②保育士試験に合格する
指定保育士養成施設に通わず、保育士資格を取得するには、年に1回行われる保育士の国家試験を受ける方法があります。
受験資格(別の章で取り上げます)を有する場合、独学や通信教育などで学び、試験に合格することで資格を取得することができます。
国家試験は筆記試験と実技試験に分かれており、筆記試験の全科目をクリアした人のみ、実技試験に進めます。
試験については、保育士の試験内容をご確認下さい。

【通信教育で取得を目指すメリット】
・通学する必要がないので、都合にあわせて社会人や主婦の方でもチャレンジしやすい。
・教材を利用して繰り返し学べる。
・通学制よりは費用が安い。
・各種給付金制度を利用できる場合がある。

【通信教育で取得を目指すデメリット】
・学習スケジュールを自分で管理しなくてはならない。
・その場では質問・相談ができない。
・実技の講義が受けにくい。

【独学で取得を目指すメリット】
・通学する必要がないので、都合にあわせて社会人や主婦の方でもチャレンジしやすい。
・テキスト代のみで勉強できるので、圧倒的に費用は安い。

【独学で取得を目指すデメリット】
・学習スケジュールを自分で管理しなくてはならない。
・質問・相談をする相手がいない。
・1人で学ぶため、モチベーションの維持が難しい。
・試験対策や就職関連の情報の共有がない。