資格ならシカトルトップ > 保育士の資格ガイド > 保育士の就職先は?

保育士の就職先は?

保育士の就職先は?

保育士の就職先には、まず保育所があります。
施設の名前としては保育園と呼ばれることも多いですが、児童福祉法での名称は保育所となります。
保育所にも種類があり、認可保育所なのか認可外保育所なのかその中でも公営なのか民営なのかなど分かれています。

※2 認証保育所とは、東京都が独自に設定した基準を満たした保育所。

また保育所以外にも、下記のような就職先があります。
・助産施設
・乳児院
・児童厚生施設
・母子生活支援施設
・児童養護施設
・各種障がい児施設 など

保育士の働き方は?

就職先だけではなく、雇用形態も様々です。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員、パート/アルバイトなどの働き方があります。
非正規雇用の場合、給与や福利厚生など、待遇面では正社員に劣りますが、ご自分の都合に合わせて働けるというメリットがあります。
保育所の開始は大体午前7時ごろ、終了は6時ごろのところが多く、12時間前後は子供たちを預かっています。そのため、保育士の勤務はシフト制をとっています。
一般的には朝番・中番・遅番の3シフトで回しているようですが、社会のニーズに合わせて早朝保育、延長保育、夜間保育などを行っている保育所でもシフト制を採用しています。
そうした保育所などでは、正規雇用の保育士のサポートとして、パート/アルバイトの保育士が入る場合が多いようです。
早朝のみや夜間のみなど、シフトの自由は利きますが、社会保険の有無や福利厚生など、待遇はどうなのかきちんと確認しておくことが大切です。
また保育所ではなく、児童養護施設などの入所施設では、夜勤などもあります。