資格ならシカトルトップ > ガイドヘルパーの資格ガイド

ガイドヘルパーの資格ガイド

ガイドヘルパーとは?

移動介護従業者(通称ガイドヘルパー、以後ガイドヘルパーとします。)は、各都道府県知事の行う研修を修了した者を指します。
ガイドヘルパーのほかに、外出介護員とも呼ばれています。具体的には視覚、全身性、知的障害によって1人での外出が困難な方が安全に出かけられるよう、 移動介護サービスを提供する資格となります。障害のある方が積極的に社会活動に参加していくうえで重要であり、外出時には欠かせないサービスです。
法的には、2003年の支援費制度によって「移動介護従業者」という名称に変更され、 2006年4月には障害者自立支援法施行に伴い「外出介護従業者」に名称が変更されています。
しかし、同年9月30日をもって「外出介護」サービスの業務の大半が市町村の地域生活支援事業の中の移動支援事業に移行し、 その他の業務は居宅介護サービスの通院介助、通院等乗降介助、行動援護サービスに移行したため、現在は「移動支援従事者」と呼ばれることが多いようです。

ガイドヘルパーの種類は?

◆視覚障害者同行援護従業者養成研修
・・・行動上著しい困難を有する視覚障害のある方が外出する際、本人に同行して必要な情報の提供や、移動の援護、排せつ、食事等の介護のほか、必要とする援助を行う資格

◆全身性障害者ガイドヘルパー養成研修
・・・行動上著しい困難を有する先天的・後天的に身体のどこかに障害のある方が外出する際、移動の援護、必要な介助を行う資格

◆知的・精神障害者行動援護従業者養成研修
・・・行動上著しい困難を有する知的障害又は精神障害を持ち、常時介護を要する方が、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護を行ったり、外出の際の移動中の介護などを行う資格

ガイドヘルパーの受講資格について

各都道府県によって、受講資格もことなっています。
受講資格を設けていないところが多いようですが、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格者を対象としているところもあります。
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格を有している場合、研修の一部が免除されます。

ヘルパーの資格があると移動介助ができるの?

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格を有している場合、知的障害者の移動介助を行うことができます。
ですが、視覚障害者・全身性障害者の方の移動介助については、 それぞれ視覚障害者同行援護従業者養成研修、 全身性障害者ガイドヘルパー養成研修を修了している必要があります。

ガイドヘルパーの求人

ガイドヘルパーの主な就職先としては、障害者や高齢者のための介護施設や、訪問介護事業所(いわゆるヘルパーステーション)などが挙げられます。
ガイドヘルパー専門としてのお仕事ではなく、ホームヘルパーや介護福祉士といったほかの介護職と兼務する形で就職することになります。
ガイドヘルパーとしての業務のみですとパートかアルバイトといった働き方になります。
ガイドヘルパーの資格は、介護の仕事をする上でのプラスアルファの資格、業務の幅を広げるためと考えていただけばよいと思います。
超高齢社会になりつつある今、ホームヘルパーは需要のとても需要の高いお仕事ですが、プラスしてガイドヘルパーの資格を取得することによって、 より就職が有利になるといわれています。
資格試験が無く、受講を修了すれば取得できる資格ですので、介護の仕事に携わる方、これから介護のお仕事に就こうと考えている方に特におススメの資格です。

ガイドヘルパーの時給は?

ガイドヘルパーのお仕事は専門職ではなく、ホームヘルパーや介護福祉士といった他の介護職と兼務で行うことが一般的です。
そのため勤務形態はそれらの介護職に応じたかたちで、夜間の外出介護を行うこともあります。
ヘルパーさんとしての基本給に、ガイドヘルパーとしての資格手当てや、特別業務手当てが付くこともあります。
また、ガイドヘルパーとしての業務のみのパートかアルバイトであれば、時給は地域や事業所によって違いがありますが、大体800円~1,500円くらいのようです。夜間には手当てが付く場合もあります。

ガイドヘルパーの講座を受講できるスクールの詳細