資格ならシカトルトップ > 心理カウンセラーの資格ガイド

心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーとは?

現代社会はストレス社会とも言われるほど、多くの人がストレスを感じる生活を日々送っています。心の問題から起こる事件や出来事がニュースや新聞を騒がし、様々な社会問題が発生しています。
こうした中、心理カウンセリングの重要性や需要は年々高まっており、特に、教育機関において心理カウンセリングを行うスクールカウンセラーや、産業分野で活躍している企業内カウンセラーの配置に対する必要性が認知されるようになってきました。

心理カウンセラーとは、クライアントの精神・心理相談に対してカウンセリングを行う人の総称であり、スクールカウンセラーや企業内カウンセラーのような職業名や、産業カウンセラーといった資格名ではありません。専門とする分野によって様々な名称で呼ばれますが、主たる仕事は相談者の悩みや相談を聞き、カウンセリングを行なうことです。日本では心理カウンセリングを行う心理職に関する国家資格はありませんが、心理カウンセリングに関する民間資格は数多く存在します。ご自分が心理学を活かして何を行いたいのか、またどういった種類の心理学を学びたいのかに合わせて、目指す資格を選びましょう。
心理カウンセリングの民間資格の中でも、最も知名度が高く、取得も難しいとされるのが「臨床心理士」です。民間資格でありながら、全国のスクールカウンセラーの資格要件や、医療機関によってはメディカルスタッフの資格要件となっているなど公的にも専門基準となる資格です。
ただし、薬を処方したり、診断を下したりといった医療行為を行えるのは精神科医または心療内科医のみとなります。

心理カウンセラーの講座を受講できるスクールの詳細