資格ならシカトルトップ > 調剤事務の資格ガイド > 調剤事務の仕事内容は?

調剤事務の仕事内容は?

調剤薬局事務の資格は、各協会の認定する民間資格です。各団体によって資格名称や難易度も異なります。
主な資格については【調剤事務とは?】の項目で紹介していますので、ご参照下さい。
資格の学び方については、下記のような方法があります。

■通信講座
通信講座は調剤薬局事務の資格取得のための効率的なカリキュラムで、通学は難しいが、調剤薬局事務を学び資格取得を目指したいという方にお勧めの学習方法です。基本的には、送られてくるテキストを読んで勉強し、定期的に課題の提出・添削を行いながら進めていき、質問などは、EメールやFAX、電話などで対応したりします。
一部では、インターネットによる通信講座もあり、こちらは、全て電子メールのやりとりで行われるため対応が早いことが特徴です。良くも悪くもマイスペースに進められるところがこの通信講座の特徴です。
自分の意思でしっかり継続していける方にはお勧めです。

■通学講座
通学講座(スクール)は実際に講座に通い講師に指導を受けながら学習していく方法です。
通学という、多くの方にはなじみ深い形式で、継続して通いながら続けたいという方にお勧めです。
直接授業を受けているからこそ疑問をすぐぶつけることもできますので、理解も深まりやすいと思います。

■独学
調剤薬局事務は人気資格ですので、市販の学習教材も数多く出回っています。これらを活用して独学で資格取得を目指す方もいらっしゃいます。自己管理をしっかり行いながら的確に学習を進めていける方にとっては教材費以外ほとんどかからないため金銭面で大きなメリットがあります。しかし、一人でやっては途中で断念してしまうかもしれない、自分だけで効率的な学習を進めていけるか自信がないという方の場合、かえって資格取得までの時間がかかってしまう場合もありますので、注意しましょう。