資格ならシカトルトップ  >  音楽療法の資格ガイド  >  国立音楽院 音楽療法学科

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。

音楽療法学科

国立音楽院

「音楽と福祉」
音楽療法を学び音楽療法士として働く。
音楽が好きであれば誰でもでき一生続けられる資格です。

講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。

受講コース

音楽療法とは?

音楽の持つ効果を理解し、意識的に音楽を活用して参加者に
よい変化をもたらそうとするのが音楽療法です。

音楽療法には、様々な効果があると言われています。

まず1つ目は、「身体への働きかけ」。
歌うことは呼吸を深くし、決行や代謝を促進します。また、音楽に合わせて楽しく手や全身を動かすことで、「動かさなければ」と思うと負担に感じるリハビリテーションも、楽しく行えるようになります。

2つ目は「心への働きかけ」。
好きな曲を聴くと気持ちが落ち着き、口ずさむと高揚します。季節を感じる曲などで想像力を働かせ、想いをめぐらせるような体験が、豊かな感情を引き出して、気持ちを切り替えてくれます。

3つ目は「脳への刺激」。
手や顔の神経は多くの脳神経細胞と直結しています。音楽に合わせて手や顔を動かすと、脳にほどよい刺激が届いて、活性化されます。

4つ目は「社会性の向上」。
全員で一緒に歌ったり、演奏したとき、素敵な一体感が生まれます。

音楽療法を学んだ音楽療法士は、生理学、解剖学的視点から研究を重ね、長期的な目標をたてて、参加者の状況を見ながらプログラムを進めていきます。


音楽療法は福祉の分野で需要が高まっています。

国立(くにたち)音楽院が掲げる「音楽と福祉」は今、非常に大きな広がりを秘めたテーマです。

時代に先駆けて展開してきた「幼児リトミック」のノウハウを応用して開発した
高齢者向けの「若返りリトミック」は、介護予防に有用な音楽療法として注目をされています。
高齢化が進むなか、「音楽と福祉」に携わる人材のニーズはますます増えると思われます。
好きな音楽を通して心を通わせ、喜びを届ける...一生続けられる実り豊かな仕事です。





カリキュラム一例


分類 学科目名 学科概要
必修 実技 実技レッスン一覧から選んで下さい。 ワンツーワン方式で行う楽器の実技レッスン。 受講生の目的に適した指導講師が各自のレベルや志向に合わせてご指導します。 将来の資格取得や目標を見据えた楽器を履修してください。
科目 音楽心理学 音・音楽の心への働きかけを様々なアプローチから研究します。
MT伴奏法 音楽の三要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを理解し、MTの現場で役に立つ伴奏法を学びます。
臨床音楽学 音楽の要素を療法的に捉え、身体感覚として意識することの基礎を身につけます。
※音楽療法学科の必修科目は基礎・ 技能・演習・論文・音楽実践・医学・心理学・関連講座の 授業の中からご自身で選ぶシステムです。
選択 科目 オープンシラバス 履修できる選択授業の上限はありません。

※ 上記必修科目は一例です。授業科目から各自に最も適した必修科目を決めます。 個別にカリキュラムの相談をおこなっております。

 

受講料金

本科(2年コース)、短期科(1年コース)の2コースがあります。

社会人の方、平日通学することができない方に配慮した、土曜日・日曜日隔週2時間授業を行うなど、授業を合理的に集中履修できるような短期科もございます。

国立音楽院は授業科目の自由選択制を一大特長としています。
どの学科からでも、自由に、いくつでも、一学科の学費の範囲で履修できます(一部特殊有料授業があります)。

※個人レッスンは1科目が実技費に含まれています。2科目からは有料副科実技となります。

本科生 2年間

初年度2年次
入学金200,000円
授業料405,000円405,000円
設備費220,000円220,000円
実技費160,000円160,000円
合計985,000円785,000円


短期科 1年間

入学金175,000円
授業料405,000円
設備費220,000円
実技費160,000円
合計960,000円


学費支援システム

国立音楽院への入学予定者・在校生は「国の教育ローン」・「各種学費サポートプラン」 が利用できます。国立音楽院では皆様にとって特にご利用しやすい制度をご紹介させていただいております。


日本政策金融公庫(国の教育ローン)

年2.55%(平成24年1月20日現在)の固定金利で、日本政策金融公庫(国民生活事業)が取り扱っている公的な融資制度。

教育ローンプラン(クレジット会社)

学費サポート制度の一環として、一般ローンより有利な条件で融資が受けられる「学費サポートプラン」があります。

オリコWebクレジット

インターネットをご利用いただける環境がございましたら、ご自宅にいながらお手続きが可能な教育ローンです。

 

開講場所

〒154-0001
東京都世田谷区池尻 3-28-8


●渋谷から
JR渋谷駅西口から34番乗り場発のバス[渋21、渋23]にご乗車ください。
渋谷から 5つ目の「三宿」バス停で下車。
三宿交差点より徒歩 2分です。

●池尻大橋から
東急田園都市線(地下鉄半蔵門線直通)「池尻大橋」駅から徒歩 7分です。
三宿交差点手前を右折してください。

●三軒茶屋から
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅から徒歩 8分です。
三宿交差点を左折してください。


 

講座PR

 

音楽療法士育成の機関としては老舗のスクールです。


10年以上前から第一線で活躍する音楽療法士を養成してきた学科で、いま全国から熱い視線を浴びています。実習先の病院、施設との提携もますます強化され、また介護予防のプログラムを開発推進するなど、我が国の音楽療法界をリードしています。



高齢者介護予防として


高齢化が進行するなか、「音楽と福祉」に携わる人材へのニーズは、今後さらに増えると思われます。
幼児リトミックのノウハウを応用して開発した高齢者向けの「若返りリトミック」は、介護予防に有効な音楽療法として注目されています。

高就職率


全高規模でセラピストを派遣。NPOラポールミュージックセラピーサービスとの連携で就職に強い。
国立音楽院が率先して、報酬のある音楽療法士を拡大しています。



仕事の斡旋


NPOラポールミュージックセラピーサービスが開拓、紹介する各地の有料老人ホーム・施設へ音楽療法士として派遣。音楽療法の仕事は正当な報酬をいただいてこそ、発展できます。
国立音楽院は施設や病院でのセラピーはもとより、 若返りリトミックや高齢者音楽療法が各ホームとの連携、首都圏で展開し、安定したお仕事があります。



資格取得


  • 音楽療法士(ミュージックセラピスト)
  • 臨床音楽療法士(*日本で本音楽院のみ)
  • リトミックセラピスト(*)
  • 若返りリトミック指導員(*)
  • リトミックヨガセラピスト(*)
  • 心身カウンセラー(*)
  • 朗読療法士(日本朗読療法士協会認定)
  • ピアヘルパー(日本教育カウンセラー協会認定)
  • 幼児リトミック指導員
  • その他履修科目に応じた資格取得
 

スクール概要

国立音楽院

〒154-0001
東京都世田谷区池尻3-28-8 
国立音楽院

「音楽と福祉」
音楽療法を学び音楽療法士として働く。
音楽が好きであれば誰でもでき一生続けられる資格です。

音楽療法学科の講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。


音楽療法|国立音楽院 音楽療法学科 のトップへ
音楽療法の資格トップへ
資格ならシカトルトップ