資格ならシカトルトップ  >  医療事務の資格ガイド  >  TERADA医療福祉カレッジ 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)対策講座(医事コンCD付き)

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)対策講座(医事コンCD付き)

TERADA医療福祉カレッジ

医療事務(2種類)、医療秘書、医事コンと数多くの資格とスキルを受講スケジュールどおりに取得できるのも心強いコースです。

講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。

受講コース

◇病院事務の一番人気!医療事務を目指そう◇

医療機関へ就職するために必要な総合的に必要なスキルを学びます。今までのような医療事務の請求事務一偏とうの教育では就職や実務は難しく、医療秘書業務(カルテ解読力、医師補佐・助手力、患者マナー・接遇、クラーク業務など多岐にわたる実務能力が必要です。また、医療機関でほとんど導入されているレセコン(医療事務コンピューター)による、レセプト(診療報酬明細書)発行と初期段階で多くの知識、実務能力が必要となっています。そこで、当校はその一昔のスキルでは無く、今現在、医療機関が求めている人材を育成するため特別カリキュラム編成し、受講終了後にはマルチスペシャリストとして即活躍できる教材内容にまとめました。医療事務(2種類)、医療秘書、医事コンそして、難関の財団法人医療保険事務協会主催「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」の対策講座もあり、数多くの資格とスキルを受講スケジュールどおりに取得を目指すことができる心強いコースです。

【カリキュラム】

教材 内容
診療報酬請求事務

01:レセプトの上書きと記載要領

02:初診、再診料

03:指導料・在宅

04:投薬料

05:注射

06:処置

07:入院

08:リハビリ

09:手術

10:麻酔・輸血

11:臨床検査

12:画像診断

13:公費・老人

14:総括

医療事務を行うには医療保険制度や関係法規などをしっかりと学ばなければなりません。そのための医療関係法規をしっかりと学びます。
医療秘書・クラーク・
医療保険制度

15:患者マナー接遇の基本

16:医療保険制度

17:後期高齢者医療制度

18:その他の医療保険制度

19:保険医療機関の指定と保険医の登録

20:保健医療を行う医療機関と医師

21:介護保険制度(概要)

22:基礎法律

医療機関において秘書的業務を分かりやすく解説。また患者さんに対するマナーや接遇など、いまやサービス業である医療機関ならではの必要不可欠なスキルを修得します。
医事コン・レセプト
カルテ問題集

診療報酬明細書用紙
(レセプト)

01:作用薬

02:婦人薬

03:鼻炎薬

04:眼科用薬

05:皮膚薬

06:口腔薬

07:禁煙補助剤

08:滋養強壮

09:公衆衛生用薬

10:一般用検査薬


実際の診療報酬明細書(レセプト)を作成する為に症例を教育用に再現したカルテ問題集です。本書は医事コンの入力練習用にも活用できます。
医事コン・レセプト
カルテ問題集
(解答解説)

24:カルテ症例外来35、入院15、薬価表
(解答解説)

実際の診療報酬明細書(レセプト)を作成する為に症例を教育用に再現したカルテ問題集の解答解説集です。
医科薬科学

25:医科学

26:医学基礎

27:病院環境衛生学

28:薬理学

カルテ読解及び、仕事上、医学的知識が必要なことから基本的医学知識を集約し、初心者からでも十分に理解できるバイブル的なテキストです。
医療事務コンピュータ
CD-ROM
厚生労働省からの出題指針をふまえた受験対策問題集です。作成には、薬剤師などのプロが監修している信頼性の高い問題集です。
自宅で医療事務コンピュータを学ぶことが出来ます。
医科点数表

医科点数早見表

その他

登録販売者 添削レポート課題集

質問用紙、質問用紙封筒

学習の進め方など

「診療報酬請求事務能力認定試験対策」

医学通信社 編・発行
2009年04月20日 刊行予定
『診療報酬請求事務能力認定試験』(医科)
受験対策と予想問題集 2009年前期版

 

受講料金

■ 受講資格 / 特になし ※診療報酬請求事務対策はH21/7/20対策です

■ 受講期間 / 通信講座6ヶ月(最長1年間まで無料延長)
          診療報酬請求事務対策は全国24会場スクーリングH21/7/19

■ 講座価格 / 68,000円(教材費・消費税込)

教育分割制度利用なら月々5000円から!
(5000円×11回 初回のみ5140円)

 

開講場所

スクーリング
診療報酬請求事務対策スクーリング会場
代ゼミライセンススクール各校
北海道地方 : 札幌校
東北地方 : 仙台校
関東地方 : 本部校代ゼミタワー(生ライブ) / 大宮校 / 高崎校 / 柏校 / 津田沼校 / 池袋校 / 立川校 / 町田校 / 横浜校 / 湘南キャンパス
中部地方 : 新潟校 / 浜松校 / 名古屋校
近畿地方 : 京都校 / 大阪校 / 大阪南校 / 神戸校
中国地方 : 岡山校 / 広島校
九州地方 : 小倉校 / 福岡校 / 熊本校

 

講座PR

 

【講座概要】

医療機関へ就職するために必要な総合的に必要なスキルを学びます。今までのような医療事務の請求事務一偏とうの教育では就職や実務は難しく、医療秘書業務(カルテ解読力、医師補佐・助手力、患者マナー・接遇、クラーク業務など多岐にわたる実務能力が必要です。

また、医療機関でほとんど導入されているレセコン(医療事務コンピューター)による、レセプト(診療報酬明細書)発行と初期段階で多くの知識、実務能力が必要となっています。

そこで、当校はその一昔のスキルでは無く、今現在、医療機関が求めている人材を育成するため特別カリキュラム編成し、受講終了後にはマルチスペシャリストとして即活躍できる教材内容にまとめました。 医療事務、医療秘書、医事コンと数多くの資格を受講スケジュールどおりに取得できるのも最強な武器となります。

【目標取得資格】

内閣府認証設立団体 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)認定

医療情報実務能力検定試験1・2級

医療秘書情報実務能力検定試験1・2級


財団法人 日本医療保険事務協会主催

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)

■□予備校最大手の代々木ゼミナールとTERADA医療福祉カレッジの連携により実現!
全国衛生中継試験対策□■

  • 現場の最前線での活躍しているプロ講師がテキスト監修、質問回答指導
  • 通信課程個別指導体制により、質問をメール、FAX、郵送で回数制限が無くできる、密着指導体制を確立!
  • 医療福祉専門校のTERADA医療福祉カレッジだから作れる医療機関に就職するにはを網羅した「就職ガイダンス教本」を受講修了時に無料贈呈!また、地域によっては大手派遣会社との業務提携による派遣登録の情報提供も可能。
  • 通信課程は安心の無料受講延長制度有り
  • 合格サポート制度で、H21/7/20の診療報酬請求事務能力認定試験(医科)に不合格の場合は、H21/12月に行われる診療報酬請求事務能力認定試験(医科)のTERADA医療福祉カレッジ対策講座を特別料金で受講できます!
 

スクール概要

TERADA医療福祉カレッジ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-27  オーチュー第7ビル4F
TERADA医療福祉カレッジ

医療事務(2種類)、医療秘書、医事コンと数多くの資格とスキルを受講スケジュールどおりに取得できるのも心強いコースです。

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)対策講座(医事コンCD付き)の講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。


医療事務|TERADA医療福祉カレッジ 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)対策講座(医事コンCD付き) のトップへ
医療事務の資格トップへ
資格ならシカトルトップ