資格ならシカトルトップ  >  食育・食学・マクロビの資格ガイド  >  ヒューマンアカデミー【通信】 【通信】食学士講座マクロビオティック/A級プログラム・S級プログラム

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。
  • 【通信】食学士講座マクロビオティック/A級プログラム・S級プログラム

  • 注目の「マクロビオティック」の基礎と専門課程を段階的に学べます!
受講スタイル
通信講座
通学講座
 
仕事帰りOK
 
土日OK
 

特徴
未経験可
 
分割払い
給付金制度
 
各種割引
 

就職支援
 
高就職率
 
体験入学
 
独立・開業
 

受講資格
こんな方におすすめ!
・マクロビオティックを生活に活かし、健康で幸せなライフスタイルを過ごしたい
・食事を通して「治したい」「変えたい」「良くなりたい」と思っている
・食学を通じて将来ビジネス、指導者レベルまで成長したい


講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。


受講料金と期間

コース名 料金 期間
マクロビオティックA級プログラム 受講料
¥248,400(税込・教材費込)
資料を請求してご確認ください
マクロビオティックS級プログラム 受講料
¥248,400(税込・教材費込)
資料を請求してご確認ください

お支払方法

現金
 
銀行振込
クレジットカード
 
ローン
コンビニ払い
 
郵便振替
 
分割

講座内容・PR

=「マクロビオティック」は日本発祥の食の哲学=
マクロビオティックとは、日本では1907年に玄米を主食、野菜・漬物・乾物などを副食とする食事を基本に、食材や調理法のバランスを考える食事法で、これに端を発した食の哲学・学術です。このマクロビオティックは欧米で普及し、ファーストフードや肉食といった欧米型食生活の欠点が顕著に表面化すると共に再び脚光を浴び、ハリウッドセレブや著名人をはじめとする富裕者層に、近年人気を博しはじめました。本講座では、日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論と、それを実践するレシピを修得することができます。

欧米の影響と近年の「食の不安」という国内事情から、起源を同じくする日本発の食事法が逆輸入的に名前を「マクロビオティック」に変えて戻ってきたことになります。海外の著名人が実践して「美と健康」を取り戻していることから、そもそもの発信国である日本でも注目を浴びるようになりました。 WHOの統計で日本は平均寿命、健康寿命共に世界一の長寿国となっています。医療の要素はもちろん、食生活や食習慣が健康に長生きする為と注目され近年、欧米でも日本の食事をベースにしたマクロビオティックが注目されています。

=講座概要=
【マクロビオティックA級プログラム】                
 ■標準学習期間:12ヶ月              
 ■在籍期間:12ヶ月                 
 ■添削回数:12回                  
 ■教材発送:一括

【マクロビオティックS級プログラム】
 ■標準学習期間:12ヶ月
 ■在籍期間:12ヶ月
 ■添削回数:12回
 ■教材発送:一括


講座のポイント

基本から「マクロビオティック」を楽しみながら学べます

日常の食生活にマクロビオティックを取り入れるために必要な理論とそれを実践するレシピを修得し、修得したスキルを証明するための検定試験を受験していただきます。マクロビオティックには、「動物性の食材は使わない」「精製された砂糖や香辛料はできるだけ使わない」といった特徴がありますが、普段との料理との違いを確かめながら、無理のない範囲でマクロビオティック料理の基本を学ぶことが可能です。


「LTA理論」により解答を創造する力を養います




本講座の理論カリキュラムは、「LTAプログラム」に基づいて設計されており、これは「理論(Logic)」「考える(Thinking)」「解答(Answer)」の頭文字をとったもので、テキストから知りえた内容について、まずは自らの意思でしっかり「考え・調べ・模索する」ことを行うことで「解答を導く力」を養います。


実習することで「生涯のスキル」を身に付ける

「食の知徳の一番の出番は調理場である」。この考え方に基づき、オリジナルの実習カリキュラムを作成しています。自宅のキッチンで機会あるごとに、学習した理論を実践し、一時的ではない「生涯のスキル」を身に付けていただきます。習得した知識は「生活学習」として、日常へ浸透していきます。


入門過程から専門課程へステップアップ

「マクロビオティックA級プログラム」は入門課程です。受講修了後、さらに知識を深めたい方は専門課程である「準食学士対応プログラム」へステップアップできます。準学士対応プログラムは「食学S級」「美容食学S級」「マクロビオティックS級」「食学指導者養成」の4種類が用意されており、修了するとビジネスやライフワークに役立てたい方など、将来像に合った専門課程への道が開けます。


教材について

理論と実習が一体となったカリキュラム構成

理論カリキュラムでは、マクロビオティックの基礎知識をまずは学び、オーガニック食材や玄米といった植物の持つパワーを理解しながら食材について学んでいきます。その後、陰陽の理解を深めながら、実際に料理をするためのポイント、ライフスタイルについて学びます。理論カリキュラムで学んだ知識は、レシピを通じて実習で試すことができるので、レシピの料理を継続的に試すことで、健康で楽しいライフスタイルを実践することができます。

カリキュラムごとにレポートを提出

毎月1カリキュラム進めると、バランスよくレベルアップできるよう設計されています。理論と実習で、決められたカリキュラムごとに、レポートを提出します。レポートは各カリキュラムごとに5段階の評定が行われます。

自分だけの「マイテキスト」が作れるテキスト構成

テキストは、テキストページを見ながら気づいたこと、調べたこと、もっと深く知りたいと思ったことなど、メモページに随時記入していくことで、ご自身だけのマイテキストが完成します。このメモの部分が、学習中の知識やスキルの向上を伸ばすことはもちろんですが、ご自身が「食学を提供する立場」になった時に、自身の源として活用することが可能になります。

食材の陰陽が一目でわかる「食材陰陽一覧」

マクロビオティックを学んでいくと、陰陽五行思想の概要や、食材の陰陽について学びます。教材にある「食材陰陽一覧」を見れば、自分が普段食している食材の陰陽を知るだけでなく、自分に必要な食材を、すぐに一覧から探すことができます。




開講場所

スクール名通信講座
住所
アクセス

スクール概要

ヒューマンアカデミー【通信】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル4階



【通信】食学士講座マクロビオティック/A級プログラム・S級プログラムの講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。