資格ならシカトルトップ  >  食育・食学・マクロビの資格ガイド  >  ヒューマンアカデミー【通信】 【通信】食学士講座/食学A級プログラム・食学S級プログラム

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。
  • 【通信】食学士講座/食学A級プログラム・食学S級プログラム

  • 「食学」の基礎と専門課程をスモールステップで学べます
受講スタイル
通信講座
通学講座
 
仕事帰りOK
 
土日OK
 

特徴
未経験可
 
分割払い
給付金制度
 
各種割引
 

就職支援
 
高就職率
 
体験入学
 
独立・開業
 

受講資格
こんな方におすすめ!
・食養学からおばあちゃんの知恵袋まで、幅広く「食の知識」を学びたい
・食事を通して「治したい」「変えたい」「良くなりたい」と思っている
・食学を通じて将来ビジネス、指導者レベルまで成長したい


講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。


受講料金と期間

コース名 料金 期間
食学A級プログラム 受講料
¥248,400(税込・教材費込)
資料を請求してご確認ください
食学S級プログラム 受講料
¥248,400(税込・教材費込)
資料を請求してご確認ください

お支払方法

現金
 
銀行振込
クレジットカード
 
ローン
コンビニ払い
 
郵便振替
 
分割

講座内容・PR

=食学とは「人々の健康を促す食生活の知恵」=
2005年の食育基本法成立に伴い、消費者志向でのさまざまな角度から調査・研究の結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食生活・食の理論における智恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。日本、及び世界各地に伝わる民間療法からご家庭に代々伝わる「お婆ちゃんの智恵袋」レシピ、マクロビオティック( 英語表記:Macrobiotic )や日本古来の食養学、現代栄養学まで、全ての「食の智恵」を指し示すのが「食学」です。

食学A級プログラムの基本コンセプトは、故・石塚左玄氏(1851~1909没)が提唱した食養学と、栄養学の父と言われ、現・国立健康/栄養研究所の創設に寄与した故・佐伯矩氏(1886~1959没)が提唱した栄養三輪が元になっており、これから食学を身につける方々のための基礎プログラムとして考案したものです。

食学は、1日で効果が出るものではありません。でも、三度の食事を「食学」に基づいて変えることで、毎日、確実にあなたの願いが現実のものに近づいてくるとしたら? きっと毎日の食事が楽しく、幸せなものになるのではないでしょうか? 「食学」を初めて学ぶ方から、将来ビジネスレベルや指導者レベルまでの発展成長を求める方まで対応できるよう、柔軟に対応できる学習プログラムになっています。

=講座概要=
【食学A級プログラム】                
 ■標準学習期間:12ヶ月              
 ■在籍期間:12ヶ月                 
 ■添削回数:12回                  
 ■教材発送:一括

【食学S級プログラム】
 ■標準学習期間:12ヶ月
 ■在籍期間:12ヶ月
 ■添削回数:12回
 ■教材発送:一括


講座のポイント

「LTA理論」により解答を創造する力を養います

本講座の理論カリキュラムは、「LTAプログラム」に基づいて設計されており、これは「理論(Logic)」「考える(Thinking)」「解答(Answer)」の頭文字をとったもので、テキストから知りえた内容について、まずは自らの意思でしっかり「考え・調べ・模索する」ことを行うことで「解答を導く力」を養います。


実習することで「生涯のスキル」を身に付ける




「食の知徳の一番の出番は調理場である」。この考え方に基づき、オリジナルの実習カリキュラムを作成しています。自宅のキッチンで機会あるごとに、学習した理論を実践し、一時的ではない「生涯のスキル」を身に付けていただきます。習得した知識は「生活学習」として、日常へ浸透していきます。


入門過程から専門課程へステップアップ

「食学A級プログラム」は入門課程で受講修了後、さらに知識を深めたい方は専門課程である「準食学士対応プログラム」へステップアップできます。準学士対応プログラムは「食学S級」「美容食学S級」「マクロビオティックS級」「食学指導者養成」の4つのプログラムが用意されており、ビジネスやライフワークに役立てたい方など、将来像に合った専門課程への道が開けます。


教材について

自分だけの「マイテキスト」が作れるテキスト構成

テキストは、テキストページを見ながら気づいたこと、調べたこと、もっと深く知りたいと思ったことなど、メモページに随時記入していくことで、ご自身だけのマイテキストが完成します。このメモの部分が、学習中の知識やスキルの向上を伸ばすことはもちろんですが、ご自身が「食学を提供する立場」になった時に、自身の源として活用することが可能になります。

実習カリキュラムでは季節ごとのレシピが満載

「理論カリキュラム」では食学にまつわる基礎を、「理論カリキュラム」では、学んだ知識を、さまざまなレシピを使って実践できます。基本となるレシピに加え、A級・S級それぞれのプログラムを通じて、春夏秋冬の季節のメニューを身に付けることができます。

カリキュラムごとにレポートを提出

毎月1カリキュラム進めると、バランスよくレベルアップできるよう設計されています。理論と実習で、決められたカリキュラムごとに、レポートを提出します。レポートは各カリキュラムごとに5段階の評定が行われます。

テキストは特性ファイルでファイリング

テキストは、IFCA国際食学協会オリジナルの特性ファイルで、ファイリングされています。必要なカリキュラムだけ抜き出して持ち運ぶことができ、ファイルで保存できるので、教材がコンパクトにまとまります。




開講場所

スクール名通信講座
住所
アクセス

スクール概要

ヒューマンアカデミー【通信】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル4階



【通信】食学士講座/食学A級プログラム・食学S級プログラムの講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。