資格ならシカトルトップ  >  医師事務作業補助者の資格ガイド  >  TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。

認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座

TERADA医療福祉カレッジ

優秀な認定医師秘書( 医師事務作業補助者)を育成します。

講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。

受講コース

認定医師秘書TM(医師事務作業補助者)とは?

医療業界が心待ちにしていた 医師補助業務資格誕生「認定医師秘書」

TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ1

2008年、厚生労働省は病院勤務医の業務負担を軽減するために、医師が行ってきた医師が携わる事務作業の補助をする者(医師事務作業補助者=認定医師秘書)の配置を診療報酬請求の評価の対象としました。この評価制度によって医師の業務をサポートし、医療の質を向上し、治療を受ける患者様への最終的サービス貢献となるのが、「認定医師秘書」資格です。



認定医師秘書TM(医師事務作業補助者)コース

医師の本当の秘書が誕生!社会的地位の高い医師秘書として医療界に貢献します!

厚生労働省より「平成20 年度診療報酬改定の基本方針」により、緊急課題として勤務医負担軽減のため「勤務医の事務作業を補助する職員の配置」が示され「診療報酬点数加算」に「医師事務作業補助体制加算」が新設されました。
TERADA医療福祉カレッジでは、その「医師事務作業補助体制加算」に該当する優秀な認定医師秘書( 医師事務作業補助者)を育成します。



講座POINT

ポイント【1】
厚生労働省が示す、32時間以上の研修を網羅しています。
ポイント【2】
厚生労働省が示す業務内容に必要な知識・技能をカリキュラム化しています。
ポイント【3】
「医師事務作業補助者」として必要なカリキュラム検討諮問委員会等の準拠教材内容となっています。
ポイント【4】
医療従事者としての資質向上のための教育カリキュラムも含まれています。
ポイント【5】
担当指導講師は各病院連合団体の研修修了者や教育策定諮問委員などで構成されています。
ポイント【6】
希望者は、家庭で電子カルテ学習が出来る電子カルテソフトを購入することが出来ます。
ポイント【7】
この資格及び就業条件は、専従医師秘書が要求されるため医療事務等の知識が無くても初心者から受講が可能です。


図解やわかりやすい解説
使用教材は図解やわかりやすい解説が豊富に
使われており、医学や医療などの初学者にも
わかりやすいテキスト構成となっています。
TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ2
病院組織をしっかり理解
医療の制度などしっかりとこれから働く場所である医療機関やそこで働くための知識・技能を基礎から学び、その知識を実際現場での応用まで出きる内容構成となっています。
TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ3
専門講師が添削解答
通信教育でも専門講師が受講生ひとりにしっかりとサポート。また、添削や質問に対してもアナログ的ではありますが、わかりやすい赤ペン先生としてやさしく、懇切、丁寧に指導します。
TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ4
 

受講料金

68,000円(教材費・消費税込)  

開講場所

通信講座  

講座PR

 

TERADA医療福祉カレッジのポイント


TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ5
1度受講して理解できなかった場合も、納得いくまで繰り返し学ぶことができます。整体だけでも16名の講師がおり、リラグゼーション系、中国系、スポーツ系、介護系などさまざまな手技を学ぶことができます。まずひとつの手技を習得し、その後リピート制度を利用してほかの手技を学ぶというスタイルが多く見受けられます。整体のリピート制度利用はひとり平均101回。カイロプラクティックも平均55回と多くの方がリピート制度を利用しております。

TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ6
より学習効率を上げるために、受講生一人ひとりに担当講師を
配置させ、その専門性だからこそ、質の高い講師陣による学習
指導を行っていきます。
専門講師陣は全て、医療福祉情報実務能力協会の教育委員で
す。この講座の専門講師は厚生労働省所管病院連合団体での研修を終えた講師や、文部科学省からの「医師事務作業補助者」育
成のための諮問委員などで構成されています。

TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ6
TERADA医療福祉カレッジでの講座のテキストは、医療福祉情報実務能力協会監修オリジナルテキストを使用し、「医師事務作業補助者」すなわち、「認定医師秘書 」教育を行っています。厚生労働省及び文部科学省が指針とした知識レベルのみに留まらず、「認定医師秘書 」の資格取得とその後の生涯教育研鑽として継続した知識研鑽の場としての学会発足を医療福祉情報実務能力協会が目指しています。

TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 イメージ7
メディアなどで「医療福祉のカリスマ」として有名な別府武彦氏が直轄運営を行っているのがTERADA医療福祉カレッジで安心して受講出来ます。
内閣府認証設立法人 医療福祉情報実務能力協会
理事長 別府武彦氏

各医療福祉の専門学校・団体での重職や講師などを経て、現在、内閣府認証設立法人 医療福祉情報実務能力協会 理事長・TERADA医療福祉カレッジ 学長・メンタルケア学術学会 理事長やその他、公益法人役員。また、TVなどメディアで「医療福祉のカリスマ」として著名。
 

スクール概要

TERADA医療福祉カレッジ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-27  オーチュー第7ビル4F
TERADA医療福祉カレッジ

優秀な認定医師秘書( 医師事務作業補助者)を育成します。

認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座の講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。


医師事務作業補助者|TERADA医療福祉カレッジ 認定医師秘書TM(医師事務作業補助者実務能力認定試験)講座 のトップへ
医師事務作業補助者の資格トップへ
資格ならシカトルトップ