資格ならシカトルトップ  >  医療環境管理士の資格ガイド  >  日本医療環境福祉検定協会 医療環境管理士 検定試験

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。

医療環境管理士 検定試験

日本医療環境福祉検定協会

専門性の高い活動に取り組むことで各々の施設の感染制御に貢献できます。

講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。

受講コース

医療環境管理士試験とは
医療環境管理に特化した内閣府認証 特定非営利活動法人日本医療環境福祉検定協会が認定する民間資格になります。
年齢・学歴・経験にかかわらず、どなたでも受験していただけます。
絶え間なく変化する医療現場において、その適正な対応能力、即ち環境整備前の現状把握、問題点抽出、その対策解決に至るまでのプロセスの実行力、技術力等々の総合的な能力を問います。
特に医療環境整備の不備に基因する、院内感染はあってはならないことであり、その防止は至上命題であります。
医療環境管理士はこれらを未然に防止する諸政策の手段としての、正しい医療環境整備システムの習得と運用が要求されます。

教材のご案内

試験は下記のテキストに基づいて出題されます。
過去にテキストを購入された方はご注意下さい。

医療環境管理士 公認テキスト

当協会が発行する筆記試験用の教材です。
テキストと練習問題集の2冊組です。

テキスト・問題集
発行元 日本医療環境福祉検定協会
価格 10,500円(消費税込)
送料
備考 問題集との2冊組

目次

  1. I-1.基礎細菌学
  2. I-2.ウイルス学
  3. II-1.感染症予防と対策
  4. II-2.CDCガイドラインとのつながり
  5. II-3.実践事例(医療環境感染対策)
  6. III-1.清掃管理
  7. III-2.院内感染予防マニュアルの必要性
  8. 巻末 感染症と廃棄物に関する法律
  9. 巻末 感染症世界分布図


1.テキスト・検定料のお申込み

お申込みとお支払い方法の組み合わせは下記の3通りです。
ご自身の環境にあわせてお選び下さい。

1.テキスト・検定料のお申込み
郵送かFAXで申込み、銀行振込で検定料・テキスト代金を支払う方法
オンラインで申込み、銀行振込みで検定料・テキスト代金を支払う方法
オンラインで申込み、検定料・テキスト代金をコンビニで支払う方法

2.テキスト代金のお支払い

代金は前払いとなっております。
コンビニ店頭・ATM・ネットバンクなどでテキスト代金をお振込下さい。
お振込みの確認後、テキストの発送となります。

※振込み用紙は送付されません。お客様自身で銀行・ATM・コンビニでお支払い下さい。

※コンビニ決済はインターネットからの申込みのみ対応しております。

3.テキスト・問題集発送

振込確認後、事務局よりテキストを発送いたします。
通常お手元に届くまで3営業日程度かかります。
5日間を過ぎても届かない場合は事務局までご連絡下さい。

2009年度試験
実施時期 2009年8月30日(日)
試験方法 選択式・記述式
検定料 21,000円(税込)
試験時間 午前1.5時間・午後1.5時間の合計3時間
出題形式 前半(午前) 選択式100問/記述式3問
後半(午後) 選択式100問/記述式3問
試験会場 札幌・東京・大阪・名古屋・福岡
受験資格 どなたでも受験できます。
合格基準 300点中210点以上を合格とします。
前半配点 選択式100点/記述式50点
後半配点 選択式100点/記述式50点
試験問題 試験は(1)基礎問題、(2)実務問題からなります。
医療環境管理士としての能力を総合的に問いかけます。
※当協会が発行する筆記試験用テキストから出題されます。  

受講料金

筆記試験受験料 21,000円(税込)  

開講場所

試験会場
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡  

講座PR

 
医療環境管理士 概要
医療環境整備のシステム作りから、医療廃棄物取扱い、微生物学、サニタリーデザイン・設備及び空調、ペストコントロール、清掃技術、感染予防対策などの専門知識・技術等を習得し環境のインフラを構築・管理するスペシャリストです。

医療環境管理士の役割
院内感染対策の知識・技術を用い医療環境を整える
感染対策に必要な人材を確保し調整する
職員に対し安全対策のための教育を行う
院内ラウンドを行い現場を知り、環境の維持に努める
病院からサービスを受託する側の担当者は、施設の環境整備を理解する

医療環境管理士の活躍の場
病院 病院の現場では、がん患者の増加、高齢化、耐性菌の増加などでリスクが高まっており、感染管理のための体制作りや職員に対しての教育活動など重要な役割を担います。
介護施設・介護サービス 高齢者を介護する施設では、感染予防の教育がかかせません。感染予防の教育をする責任者はもちろんのこと、スタッフ一人一人が感染予防や手洗い・消毒の理解が必要です。
製薬会社・医薬品卸会社 病院の感染制御の取り組みや、病院環境の維持などを理解することで認識が深まり、医療機関への情報や話題の提供、院内に出入りするときの意識レベルが上がります。
医療関連サービス会社 臨床検査会社、医療廃棄物処理、滅菌・消毒、院内清掃などの責任者や担当者がこの資格を取得することで業務を委託する病院からの信頼アップにつながります。また、受験資格がありませんので医療従事者でなくても挑戦できます。

具体的には…医師 、看護師 、薬剤師 、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、診療放射線技師、施設担当者、医事スタッフ、社会福祉士、建築士、福祉住環境コーディネーター、製薬会社学術担当、製薬会社MR、医薬品卸営業、医療機器会社、院内清掃会社、臨床検査会社、医療コンサルタント会社、医療廃棄物処理会社、滅菌・消毒会社、公務員、学生の方などが受験しています。  

スクール概要

日本医療環境福祉検定協会

〒530-0003
大阪市北区堂島2丁目1-31 京阪堂島ビル6F
日本医療環境福祉検定協会

専門性の高い活動に取り組むことで各々の施設の感染制御に貢献できます。

医療環境管理士 検定試験の講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。


医療環境管理士|日本医療環境福祉検定協会 医療環境管理士 検定試験 のトップへ
医療環境管理士の資格トップへ
資格ならシカトルトップ