資格ならシカトルトップ  >  介護予防の資格ガイド  >  ケアスクールリエゾン 介護予防運動指導員養成講習

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。

介護予防運動指導員養成講習

ケアスクールリエゾン

介護予防のスペシャリストを育成

講座資料をご希望の方は、上のボタンよりお進みください。

受講コース

受講資格
■ 介護福祉士 ■ 介護支援専門員
■ 社会福祉士 ■ ホームヘルパー1級・2級(実務経験2年以上)
■ 介護職員基礎研修課程修了者 ■ 医師
■ 歯科医師 ■ 保健師
■ 看護師 ■ 准看護師
■ 理学療法士 ■ 作業療法士
■ 言語聴覚士 ■ 栄養士(管理栄養士)
■ 歯科衛生士 ■ あん摩マッサージ師
■ はり・きゅう師 ■ 柔道整復師
■ 健康運動指導師
その他規定の資格に該当する方
本講習は、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターが有する「介護予防のノウハウ」を学習するものであり、法的な資格を付与するものではございません。


カリキュラム

講義・演習
介護予防概論
介護予防評価学
介護予防統計学
行動科学特論
リスクマネジメント
高齢者筋力向上トレーニング特論・実践
転倒予防特論・転倒予防プログラム
失禁予防特論・失禁予防プログラム
低栄養予防特論
認知症予防特論
口腔機能向上特論
31.5時間
修了試験の実施
合否判定
合格
地方独立行政法人東京都健康
長寿医療センター認定
修了証書・登録証発行
ヘルパースクール萌木の村 介護予防運動指導員養成講習 イメージ1
マシンを使わない予防体操も学習
ヘルパースクール萌木の村 介護予防運動指導員養成講習 イメージ2
 東京都健康長寿医療センターの研究成果を集約した教材
 

受講料金

82,000円  

開講場所

ケアスクールリエゾン(ヘルパースクール萌木の村)
宇治市広野町西裏54-5  

講座PR

 
ココがポイント
1.介護予防のノウハウを習得
高齢者筋力向上トレーニングの実践から転倒・失禁・低栄養予防・口腔機能向上に至るまで、介護予防に関する幅広い知識・ノウハウを習得し、高齢者の自立を支援していきます。
2.科学的根拠に基づく”介護予防”
東京都健康長寿医療センター研究所が開発した介護予防検診プログラムの実施、適切な事前・事後評価の方法及び結果を科学的・統計学的に判断、分析する手法を学びます。
3.CGT(包括的高齢者運動トレーニング)による身体機能の向上
最新のトレーニングマシンを使用し、CGTの実践・適切な指導方法を学び、高齢者の身体機能の向上を目指します。
4.QOL低下の予防
高齢者の生活機能の自立やQOLを阻害する大きな要因である転倒を予防するため、筋力、バランス、歩行能力の改善を目的とした”転倒予防プログラム”の運用手法を学習します。


Q & A
Q. 介護予防運動指導員はどこでスキルを活かせますか?
A. 通所介護事業所での選択サービスである「運動器機能」・「栄養改善」等の担当者や地域支援事業としての 「筋力トレーニング教室」・「介護予防教室」などの指導者として、活躍されています。
Q. 介護予防運動指導員の登録者数は?
A. 平成20年度1月末現在約17,200名が登録されています。
関東を中心に既に多くの市区町村から地域支援事業の実施にあたり、介護予防運動指導員をご活用いただいております。
今後全国さらなる地域支援事業の拡大が期待されます。
Q. 受講期間は?
A. 通学の負担が少ないよう、5日間約1.5ヶ月かけて受講していただきます。
 

スクール概要

ケアスクールリエゾン

〒611-0031
京都府宇治市広野町西裏54-5 
ケアスクールリエゾン

介護予防のスペシャリストを育成

介護予防運動指導員養成講習の講座資料をご希望の方は、上の「お取り寄せフォームに進む」ボタンよりお進みください。


介護予防|ケアスクールリエゾン 介護予防運動指導員養成講習 のトップへ
介護予防の資格トップへ
資格ならシカトルトップ