資格情報トップ > 介護の資格をお考えの方へ

介護の資格をとって仕事をお考えの方へ

現代の高齢化は社会的な問題となっています。近年の介護分野は、いつ誰が関わってもおかしくない重要な分野であり、確実に需要が高まっています。
将来、自分のまわりで介護が必要になる人が出来たときや、また自分が逆に介護を受ける側になったときにとても役立つと同時に、高齢者や障害者に対する理解も深まるため、 身近ながら知らないことへの知識も深まります。
また、介護のお仕事は徐々にキャリアパスが整い、わかりやすく一元化されています。
未経験の方でも目標を立てて挑戦しやすく順調にステップアップすることが可能です。

さらに、介護業界での専門知識・スキルは全国どこでも共通して活用することができますので、就職がしやすく、一度身につけてしまえば無駄になることはありません。
結婚や出産などで仕事からしばらく離れていても復職しやすいのも大きな魅力です。他の業界からの再就職も行いやすく、 育児休業中の主婦の方などが片手間に学習、 受験を行って資格取得を目指すというケースも多く見られます。
介護のお仕事を通して身につけたことが私生活でも実践的に活用でき、さらに社会貢献を実感できる点は最大の魅力といえるでしょう。

資格の種類とキャリアパス

「介護の仕事」と言っても、さまざまな職種があります。
どのような仕事の種類があり、制度の改正でどのように資格取得することが可能になったのでしょうか?
ここでは介護職のキャリアパスに沿って解説します。

2013年4月から、ホームヘルパー2級の資格が「介護職員初任者研修課程」に移行されました。
「介護職員初任者研修」とは、介護を行う上で、介護者に最低限必要な知識や技術、そしてそれを行う際の考え方の課程を身につけてもらい、 基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的とした研修です。
また、

介護職員初任者研修

の講座を受講するために特別必要な条件はありません。
学歴、経験などを問われることなく、どんな方でも受講することができます。

資格の取り方
介護職員初任者研修の資格を取るためには、養成講座を受講する必要があります。
講座は、通信または通学教育のいずれかで受講が出来ます。(実技はスクーリング)
講座は民間の企業や、学校などが行政から指定を受けて実施しています。厚生労働省が定めているカリキュラムを修了し、 筆記試験に合格すると取得できます。講座自体は難しいことはありませんので、勉強が苦手な方でも十分目指すことができます。

カリキュラム
厚生労働省によれば、カリキュラムは次のとおりです。
  • 職務の理解:6時間
  • 介護における尊厳の保持・自立支援:9時間
  • 介護の基本:6時間
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携:9時間
  • 介護におけるコミュニケーション技術:6時間
  • 老化の理解:6時間
  • 認知症の理解:6時間
  • 障害の理解:3時間
  • こころとからだのしくみと生活支援技術:75時間
  • 振り返り:4時間

以上、合計 130時間

費用と制度
資格取得費用は学校や講座によって差がありますが、おおよそ6万円~16万円程度が相場となっています。
講座の資料はインターネットを利用し、無料で一括請求できるものがほとんどですので、 まずは様々な講座の資料を取り寄せて比較検討されるのがお勧めです。

介護職員の質の向上と、複雑だったキャリアパスの仕組みを一元化するため、2013年度の改正により開始された資格です。

介護職員実務者研修

は「ホームヘルパー1級」、 「介護職員基礎研修」にあたりますので、ホームヘルパー1級や介護職員基礎研修をお持ちの方は優遇されます。
また、法律改正により、平成27年度の介護福祉士国家試験の受験から、実務経験3年に加え、6ヶ月の実務者研修の受講が必要となりました。
実務者研修の受講が義務付けられるのは平成27年度からですが、平成24年度より経過措置として、実務者研修を受講した方は、実技試験が免除されます。

受講時間数について
実務者研修の総受講時間は450時間ですが、お持ちの資格によって、受講時間が免除されます。
○ホームヘルパー2級修了者:320時間
○ホームヘルパー1級修了者:95時間
○介護職員基礎研修修了者:50時間

介護福祉士

とは、介護福祉に関する専門的な知識と技術を持ち、身体上、精神上の障害があるために日常生活が困難な人に対して、 入浴・排泄や食事などの介護を行い、本人やその介護者に対し、介護に関する指導等を行なう専門職です。
特別養護老人ホームやデイケアセンターや障害者の福祉作業所などで行われていますが、それ以外にも働き方は幅広く存在します。
いわゆる、訪問介護はその一例で、在宅など介護者の自宅に通って介護を行うなどをします。
介護のプロとして、どのような介護を行ったら介護を受ける人の自立をさまたげずに円滑な社会活動を送れるかということを 指導することも役割の一つとなっています。
また、介護福祉士は、国家資格ですので、厚生労働大臣の指定する養成施設(専門学校など)を修了して登録名簿に登録するか、 介護の実務経験を3年以上積んだのち国家試験に合格して登録名簿に登録する方法があります。

介護福祉士の給与
介護福祉士のお給料は、おおよそ170,000円~というのが相場になっています。(老人保健施設に就職した場合)
年収でみると、300万円~350万円程度が相場であると言えます。

介護福祉士は国家資格
介護福祉士は国家資格です。
介護の職種の中では、唯一の国家資格となっております。
民間の資格とは違い、一定の基準によって合否が決まっているため、資格を持っていることでスキルの証明ができます。

これから新設されるという「認定介護福祉士(仮称)」。介護福祉士のさらに上の資格という位置づけになります。
厚生労働省が「初任者研修修了者→介護福祉士→認定介護福祉士」をというキャリアパスを基本としています。
実務経験が7~8年以上ほどあり、介護職のリーダーへの指導によって介護福祉士の質を高め、利用者のQOLの向上、さらに マネジメント等を通してサービス向上を目指すお仕事です。要介護者の支援に関わるすべての職種の連携を担うため、 さまざまな職種の専門知識を持ち、介護分野の全体像をつかむことも大切です。

ケアマネジャー

は、医療・介護・福祉の分野でトータルの専門知識が必要となり、その仕事内容も多彩です。
主な仕事内容としては、「要介護認定に関係する仕事」、「ケアプランの作成業務」、「給付管理」の3つを挙げることができます。
介護認定:簡単に言うと、「○○さんは介護が必要です。」という認定のことですが、この判断を行うためには、調査訪問が行われます。
アマネジャーはこの要介護認定のための調査訪問を行うことができます。
介護が必要な人に適切に行われるためにも、この訪問調査は重要な役割の一つとなっています。

ケアプランの作成
要介護者と契約を行ったケアマネジャーは、サービス計画を作成します。これが、ケアプランと呼ばれるものに当たります。
要介護者の状況やニーズを把握するためにヒアリングを行ったり、希望に沿う形でのサービスが行われるように工夫をします。

ケアプランにおける給付管理
ケアプランに沿ってサービスが開始されると、ケアマネジャーは、その実績に基づいて、給付管理票を作成します。
給付管理票は介護費用の請求に必要なもので、これをできないと、サービスを行っても費用が支払われないということになってしまいます。
これもケアマネジャーの重要な仕事になっています。