資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級の通信講座とは

ホームヘルパー2級の通信講座とは

ホームヘルパー2級は通信講座でも取得できますか?

お仕事をしながらでも資格取得ができるよう、また、ご自分のペースで勉強できるように、受講者の負担を減らし、受講しやすくする方策として、「通信講座」がございます。
「通信講座」も、ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)のカリキュラムで学ぶ内容は基本的に「通学講座」と同様であり、 ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)のカリキュラム全130時間のうち、各科目ごと上限を超えない範囲で最大40.5時間を 「通信学習(自宅学習)」で行うことができるようになっています。
ただし、一般的な「通信講座」とは異なり、ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の資格は通信講座だけでの取得はできません。
実技の部分は実践での演習を習得することが必須条件となっておりますので、全国どこの学校でお申し込みいただいても、 スクーリングといった形で、必ず学校に通学する必要がございます。そのため、いくら「通信講座」とはいえ、 ご自宅や職場など、通いやすい範囲内で通学可能な学校を選ぶことも重要です。
ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)における「通信講座」は、「通信(自宅学習)+通学(実技スクーリング)」という形が一般的です。
ただし、それぞれの学校で学習ペースやカリキュラム、料金などに違いがありますので、よく確認して自分に合った学校を選ぶことが大切です。
どうするか悩まれている方も、一度無料で資料を取り寄せて、講座の内容を確認してみると良いでしょう。

通信講座で受講した場合、期間はどのくらいで取得できますか?

通信スタイルで学ぶ場合、約40時間の学科学習に関してはご自身のペースで早く終了させることも可能ですが、 スクーリング(90時間)については学校での実技演習になるので、学校側で決められたタイムスケジュールに沿って学習していくことになります。
ちなみに「通信講座」の場合、スクーリング(通学)は平均22日程度になります。
「通学講座」の場合平均29日なので、「通信講座」にすると、7日間程度の通学日数が短縮できます。 全体の学習期間の目安としては大体4ヶ月程度が平均学習期間となっております。
シカトルでお取り扱いのある学校では、「通信学習(自宅学習)」と「通学学習(スクーリング)」は同時進行で、 「通信学習(自宅学習)」は自分のペースで無理なく学習し、通信添削はスクーリング日の指定日に提出する学校が多く、 通学日数は12日、最短ですと1ヵ月以下で取得可能という学校もあります。
もちろん、通学の部分は、夜間コースや土日、平日コースなど、時間帯や曜日についての 様々なニーズにお応えできるよう配慮されている学校も多数ございますので、まずは資料を請求してご確認ください。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)

通信講座で学ぶメリットは何ですか?

「通信講座」は「通学講座」と異なり、学校に通う日数が限られているため、その分短期間で取得できるのと、 自宅学習とスクーリングを並行して行なうため、自分のペースで学習しやすいのがメリットです。
また、自宅学習での疑問点は、スクーリングで解決し、スクーリングで学んだことは自宅学習で復習するという並行学生の利点を活かし、 知識を定着させていくことで、学習効率を高めることができます。
働きながらの資格取得が可能なので、学習時間がどうしても限られてしまう方にオススメです。
また、完全通学スタイルよりも通信制度を取り入れたカリキュラムの方が費用は安く抑えられる傾向にあります。


通信講座では課題提出はありますか?

「通信講座」は所定のテキストを使用し自宅で学ぶスタイルですが、期間内に3回~6回程度の課題提出を必須とする学校がほとんどです。
通信添削用教材は、テキストに則しているので、未経験の方でも無理なく学習を進められます。
設問の構成も穴埋めと記述式がメインなので、各単元のポイントや重要な用語をしっかりおさえることができる内容がほとんどで、 通信添削はスクーリング(通学)日の指定日に提出するスタイルが多いようです。
スクーリングの日程もあらかじめ決まっており、学校によっては日程に都合がつかない場合、無料で振替日などの設定ができることが多いようです。
スクーリング(通学)のスケジュールは学校によって予め決められており、それと並行して自宅学習を進めていく必要があるため、 ある程度ご自身で計画を立てて進めていく必要があります。

ホームヘルパー2級通信での受講費用はいくらぐらいかかりますか?

スクールによって価格は様々であり、大体約50,000円~約150,000円の間となっています。
受講料金が安いにこしたことはありませんが、価格面だけでスクールを選ぶと、日程の融通が利かないなど、 結局、資格取得を諦めざるを得なくなる場合もあります。 その反面、高額の受講講座では、様々なコースがあったり、講師陣が充実していたり、資格取得後の就職サポートもしっかりしている、 また、開講場所が全国各地の駅近にあり通学しやすい、無料駐車場や保育施設が完備されているなど、メリットも多くありますので、 まずはご自身がどのように学ばれたいかを考えて、受講する学校を選ぶことが大切です。
中には、資格取得後に指定の紹介先へ就職すると、受講料金のうち、数万円~全額返金される制度のある学校や、 求職者支援訓練の学校ですと、一定の条件や面接はあるものの受講料金が無料という学校もあります。また、奨学金制度のある学校や、 割引制度が充実しているなど、ユニークな制度がある学校もあるので、まずは資料を請求してじっくり選ばれると良いでしょう。
最後に、転職を目指す社会人の方は、条件を満たしていれば受講料の20%が戻る「教育訓練給付制度」対象講座や、 母子家庭の方を対象にした「自立支援教育訓練給付制度」対象講座ですと、条件を満たしていれば受講料の20%が戻る場合もございますので、 詳しくは対象講座の学校にお問い合わせいただくか、最寄りの各市区町村の福祉関連窓口などにお問合せください。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)