資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級の通学講座とは

ホームヘルパー2級の通学講座とは

ホームヘルパー2級の通学講座のカリキュラムは?

通学は130時間のカリキュラムのうち、学科学習(40時間)・実技演習(90時間)、修了試験の全てを通学で行います。

具体的なカリキュラムは次の通りです。
・職務の理解 :6時間
・介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間
・介護の基本 :6時間
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間
・介護におけるコミュニケーション技術 :6時間
・老化の理解 :6時間
・認知症の理解 :6時間
・障害の理解 :3時間
・こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間
・振り返り :4時間

以上、合計 130時間 ※別に修了試験が1時間ございます。

実技演習では、実際に身体を動かして介護業務を学んでいくことになります。受講者同士で行う共同作業も多く 受講者は交代で介護する側とされる側になり、より実践的な知識、スキルを学びます。
受講生の希望によっては施設実習を設けている学校もございます。

ホームヘルパー2級の通学講座を通学で受講するメリットは何ですか?

介護の現場経験が豊富なプロの講師陣から、具体的な現場でのエピソードなど、介護を知らなくても分かりやすい講義を、直接受けることができるので、机上では学べない知識を身につけることが可能です。
分からないことは授業中に講師へ直接質問できるので、その日のうちにしっかり授業内容を理解することができ、身につけることができます。
また、 同じ介護職を目指す仲間や講師とのやり取りを通じて、よりよい刺激を受けることができるなど、通学ならではのメリットがあります。
一方でまとまった時間が必要であることと、「通信+通学」の併用コースより多少受講料が高い傾向がありますが、費用や時間をかけた分、得るものも多いのが通学講座です。 まとまった時間がある方や、じっくり勉強したい方、 自分一人だと勉強できる自信がない方、仲間を作って楽しく学びたい方、また平日に短期集中で一気に取得したい方などにはオススメの講座です。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)

通学日数はどのぐらいで取得できますか?

通学日数は、完全通学講座の場合は平均29日程度です。
平日のみ、土曜、日曜、夜間、短期集中コースなど、コースによって、また学校によっても通学日数は様々ございます。
週に通うことができる回数や時間数によっても取得期間は変わります。
平日のほぼ毎日通うことが可能であれば、通学日数自体は約20日間で最短1ヶ月、週2回程度ですと3ヶ月~半年ほどで取得することが可能となっています。
ご自身のスケジュールに合ったコースを選ばれるとよいかと思います。


通信講座では課題提出はありますか?

通信講座は所定のテキストを使用し自宅で学ぶスタイルですが、期間内に3回~6回程度の課題提出を必須とする学校がほとんどです。
また、スクーリングの日程もあらかじめ決まっています。(学校によっては日程に都合がつかない場合、振り返り日などの設定があります。) スクーリング(通学)のスケジュールは学校によって予め決められており、それと並行して自宅学習を進めていく必要があるため、 ある程度ご自身で計画を立てて進めていく必要があります。

ホームヘルパー2級通学での受講費用はいくらぐらいかかりますか?

スクールによって価格は様々であり、大体約50,000円~約150,000円の間となっています。
受講料金が安いにこしたことはありませんが、価格面だけでスクールを選ぶと、日程の融通が利かないなど、 結局、資格取得を諦めざるを得なくなる場合もあります。
その反面、高額の受講講座では、様々なコースがあったり、講師陣が充実していたり、資格取得後の就職サポートもしっかりしている、 また、開講場所が全国各地の駅近にあり通学しやすい、無料駐車場や保育施設が完備されているなど、メリットも多くありますので、 まずはご自身がどのように学ばれたいかを考えて、受講する学校を選ぶことが大切です。
中には、資格取得後に指定の紹介先へ就職すると、受講料金のうち、数万円~全額返金される制度のある学校や、 求職者支援訓練の学校ですと、一定の条件や面接はあるものの受講料金が無料という学校もあります。
また、奨学金制度のある学校や、割引制度が充実しているなど、ユニークな制度がある学校もあるので、 まずは資料を請求してじっくり選ばれると良いでしょう。
最後に、転職を目指す社会人の方は、条件を満たしていれば受講料の20%が戻る「教育訓練給付制度」対象講座や、 母子家庭の方を対象にした「自立支援教育訓練給付制度」対象講座ですと、条件を満たしていれば受講料の20%が戻る場合もございますので、 詳しくは対象講座の学校にお問い合わせいただくか、最寄りの各市区町村の福祉関連窓口などにお問合せください。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)