資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級の短期(最短)取得方法

ホームヘルパー2級の短期(最短)取得方法

ホームヘルパー2級は取得までどのくらいの期間かかりますか?

ホームヘルパー2級は、130時間(講義時間58時間、実技スクーリング42時間、施設実習30時間)のカリキュラムを修了すれば取得可能です。
2013年4月より「ホームヘルパー2級」は「介護職員初任者研修」へと変わりましたが、 講座カリキュラムの内訳は異なるものの 「介護職員初任者研修」においても「ホームヘルパー2級」と同じく130時間(講義時間40時間、実技スクーリング90時間)+修了試験1時間で取得可能となっております。

<ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の時間数>
・職務の理解 :6時間
・介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間
・介護の基本 :6時間
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間
・介護におけるコミュニケーション技術 :6時間
・老化の理解 :6時間
・認知症の理解 :6時間
・障害の理解 :3時間
・こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間
・振り返り :4時間
合計 130時間  ※別に修了試験が1時間

シカトルでお取り扱いのあるスクールですと、通信講座・通学講座いずれにせよ、週のうち5日間みっちり受講するスタイルで、最短3週間で取得可能な学校もあるようですが、 ほとんどの学校が最短でも1ヶ月で取得可能としています。週末等を利用した週1~2日間の通学ですと、だいたい3ヶ月から6ヶ月ほどかかる見込みです。
取得できる期間については、上記130時間の内訳が各講座の日程やカリキュラムによって変わりますので、まずは資料を請求して、ご自分に合った学校を選ばれることをお勧めいたします。

受講する時間数は同じでも、週に通える回数や時間数などによって、
かかる期間は変わってきます。

全体の学習期間の目安としては、大体4ヶ月程度が平均学習期間となっておりますが、 ほぼ毎日通うことが可能であれば1ヶ月以下で取得できる学校もありますし、週1~2回程度の通学ですと、3ヶ月から半年ほどで取得可能な学校もあります。
資格取得までの受講時間は全国どこのスクールも130時間と同じなのですが、通学回数や各講義の時間数によって、取得期間が大幅に変わります。
また、実際の施設で介護の現場を体験する「現場実習」は、「ホームヘルパー2級」では必須でしたが、 「介護職員初任者研修」においては必須ではないため、多くのスクールでは、 希望者にオプションで実習をプラスすることができるようになっています。
そのため、現場実習を希望される方は、更に取得期間が長くなります。学校のカリキュラムによっても異なりますので、 短期または最短で取得できる方法の詳細は、資料請求後に各学校に直接お問い合わせください。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)

通信講座と通学講座ではどちらが最短で取得可能ですか?

「通信講座」においても「通学講座」においても受講時間数は130時間(講義時間40時間、実技スクーリング90時間)+修了試験1時間となっております。
ただし、「通信講座(自宅学習)」においては、ご自身の進め方でいくらでも調整は可能です。
また、「通信講座」における実技スクーリングの日数は平均22日間となっており、「通学講座」が平均29日間に対して、約7日間短くなっております。
通学よりも短期で取得することが可能だといわれているのは、そういう理由からです。
「通信講座」の場合、ご自身で計画立てて進めることができれば、短期での取得も可能となりますが、「通学講座」のみの講座でも、ほぼ毎日通学できれば、 最短1ヶ月以下で取得できる学校もございます。学校の実技スクーリングの日程にもよりますが、「通信講座」・「通学講座」のいずれも、最短1ヶ月以下で取得可能な学校はございます。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)