資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級の仕事とお給料

ホームヘルパー2級の仕事とお給料

ホームヘルパー2級の仕事はどのような仕事ですか?

日常生活を送るのに支障がある要介護者や高齢者の家庭を訪問し、要介護者や高齢者に対し入浴や、 排せつ、食事、通院介助などの【身体介護】、または、生活に関する洗濯や掃除、相談・助言など【生活援助】を行い、 日常生活上の世話を行う生活全般の介護サービスを提供する仕事です。
【身体介護】と【生活援助】には具体的に以下のようなものがあります。

【身体介護】
・入浴介助
・排泄介助(便器の使用介助やおむつ交換など)
・食事介助
・着替えの介助
・清拭(せいしき 体を拭くこと)
・身体整容(洗顔・歯磨き)
・体位変換介助
・起床や就寝の介助
・移動介助
・外出介助
・服薬介助(薬を飲ませること)など

【生活援助】
・洗濯
・掃除
・生活必需品の買い物
・ゴミだし
・ベッドメイキング
・衣類の整理
・衣服の修理
・薬の受け取りなど

どのような就職先がありますか?

就職先となる介護施設は、バリエーション豊かに数多く存在していますが、大きく別けると、 介護保険が使える「介護保険施設」と介護保険が使えない「介護保険施設以外」の施設に大別されます。
まず介護保険を利用できる「介護保険施設」ですが、その中でも「在宅介護型施設」と「入所介護型施設」の2種類に分かれます。
デイケアセンター(通所リハビリテーション)、訪問看護ステーション、ショートケア(短期入所療養介護)、ショートステイ(短期入所生活介護)、 デイサービスセンター(通所介護)などが在宅介護型施設に該当しますが、特にデイケア、デイサービス系の施設は国が介護予防に力を入れる観点から国内に続々と増え続けています。
一方「入所介護型施設」に該当するのが、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、介護療養型医療施設、老健施設(介護老人保健施設)などとなります。
また、介護保険の適用対象外とされる民間の介護施設もたくさんあります。
軽費老人ホーム、養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、 住宅型有料老人ホームなど、利用基準も費用もそれぞれ著しく条件が異なりますし、当然働く際の業務内容も施設によって違ってきますが、 高級志向の強い有料老人ホームなどでは、割と高待遇の求人が多いようです。
介護施設以外では身体障害者施設などの福祉施設、それに医療機関も介護職員初任者研修の就職先になります。 ここでは主な勤務先についてご説明いたします。
老人保健施設:リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供し、在宅復帰を目的としている施設です。
特別養護老人ホーム:在宅で適切な介護を受けることが困難な者を入所させる施設です。運営は各地方公共団体や社会福祉法人が運営しており、 特別養護老人ホームのサービス内容は、全国の施設によって 異なっています。
デイサービス:通所介護のことで、施設から迎えに行き、お食事や入浴、介護予防プログラム、レクリエーションなどを行い、夕方に御自宅まで送る在宅系の日帰りサービスのことです。
登録ヘルパー:ヘルパーとして事業所に登録しておき、そこで仕事の依頼をうけ仕事をするスタイルです。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)

給料相場はいくらぐらいですか?

平成24年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、年収で平均278万円、時給で大体1,180~1,300円となっております。
下記は男女別の平均給与になります。

男性(平均年収:294万円、平均月収:22万円、平均時給:1,300円、年間賞与等:23万円、平均年齢:37.0歳、平均勤続年数:3.2年)
女性(平均年収:274万円、平均月収:20万円、平均時給:1,180円、年間賞与等:29万円、平均年齢:46.4歳、平均勤続年数:5.5年) となっております。

夜勤手当や休日手当て、実務経験ごとの手当て、次のステップである実務者研修や介護福祉士になった際の資格手当などが用意されているところも多く、給与アップも見込みやすいといえます。
ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の資格取得者でも、身体介護だとパートで時給1,800円、夜勤専従スタッフだと日給3万円の求人もあります。
日本の高齢化率はどんどん上昇していますし、今後益々高齢者が増えていくことは間違いありません。高齢化社会は日本が抱える社会問題の1つになりますが、 資格と言う視点から見れば、非常に将来が明るい有望資格であることは間違いありません。
ある程度体力も求められる身体介護が辛い年齢になっても、相談業務や管理業務など、これまでの知識や経験を活かして働くことが可能です。
実際に若い年齢ではフルで働き、結婚後はパートタイマー勤務に切り替え、長期的に資格を活かしながら収入を得ている女性も少なくありません。


ホームヘルパー2級の資格は就職に有利ですか?

ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)は介護の資格の中でも初歩の資格ですが、高齢者が増えており、求人数も豊富ですので、今後も需要は増えていくと言われています。 他の国に例を見ない高齢化率により、世界ランキングでも日本は世界第1位の高齢化社会である反面、世界で一番子供の人数が少ない国でもあります。
つまり介護を必要とする人間が溢れているのにも関わらず、働き手が慢性的に不足している状況の中で、ホームヘルパーなど介護関係の資格の需要は年々伸びる一方です。
そのため、介護人材の需要は非常に高く、介護施設などから求められる存在となっています。
要するにホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)は将来性抜群で、この資格を活かして就職を目指すことも十分に可能ですし、他の介護職や福祉職のステップアップ、キャリアアップとしても価値のある資格となります。 介護職員初任者研修の資格を持っておけば、働き先は数多く存在します。
ショートケアやショートステイ、デイサービスセンターやデイケアセンターなど、介護関係の施設も次々に新しいものが登場していますし、介護保険が使えない民間の有料老人ホームもどんどん個性豊かになって誕生しています。

ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の勤務スタイルは?

介護職はシフト制勤務がとても多いのですが、デイサービスや訪問入浴といったサービスでは、ある程度時間が固定されているところもあります。 働き方も、正社員に限らず、 パート、アルバイトなど様々なため、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことができます。
特別養護老人ホームなどの入所介護型施設では、夜勤専従や早朝勤務などもあり、様々な勤務スタイルが存在することで、 時間帯によっては、時給やお給料がUPすることも、ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の魅力でもあります。
また、土日祝日や年末年始にはしっかり休みたい、夜勤はできないといった方には、デイサービスなどの在宅介護型施設での勤務もオススメです。 お盆休みは無く、夏季休暇を交代で取るスタイルが多いようですが、営業時間が限られているので、早出、遅出等もない働き方が選択できます。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)