資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級を履歴書に書く時の正式名称は?

ホームヘルパー2級を履歴書に書く時の正式名称は?

「ホームヘルパー2級」を履歴書などに書く場合の正式名称は、「訪問介護員2級養成研修課程修了」となります。
履歴書には正式名称を書くのが基本ですが、「ホームヘルパー2級」や「訪問介護員2級」と書いても、 落とされるということは少なく、あまり神経質になりすぎる必要はないといわれています。

名称が煩わしいせいで、「訪問介護員2級養成研修修了」「訪問介護員養成研修2級」「介護2級ヘルパー」などと記憶している人も少なくありません。 正式名称自体がうまく普及できていないのが実情です。


新しく「介護職員初任者研修」の資格を取得した場合、履歴書や職務経歴書等には「介護職員初任者研修課程修了」と記載することになります。
「介護職員初任者研修」や、「介護職員初任者研修修了」、「介護初任者研修」、「介護職員初任者」などと記載してしまいそうですが、 正しくは、「介護職員初任者研修課程修了」となります。これまでも、「ホームヘルパー2級」や「訪問介護員2級」と書いても、 採用選考で落とされることは少なく、あまり神経質になりすぎる必要はないとは思いますが、履歴書や職務経歴書等に記載する際はお気をつけ下さい。

ホームヘルパー2級の資格は、2013年3月で廃止され、2013年4月から、新制度「介護職員初任者研修」がスタートしました。
しかし、ホームヘルパー2級の資格が無駄になってしまうわけではありません。ホームヘルパー2級の資格を持っている方は、 2013年4月1日以降、介護職員初任者研修の修了者として見なされます。そのため、改めて「介護職員初任者研修」の資格を取得しなくてもよく、そのまま働くことが可能です。
ただし、ホームヘルパー2級を2013年4月以降に履歴書等に記載する際には、「訪問介護員2級養成研修課程修了」となります。
「介護職員初任者研修課程修了」と記載することはできません。あくまでも前者と後者は同等の資格ですが全く違う資格になりますので、ご注意ください。

また、ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)は、運転免許等とは違い、更新の必要がなく、一生、資格として履歴書に記載できます。
ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)は介護職のキャリアアップの中では入門的な位置づけの資格となるため、資格取得者は一つ上のレベルの「実務者研修」の資格取得をおすすめします。
実務者研修修了者はサービス提供責任者(サ責)になることができるため、介護サービス事業者からもニーズが高まっている資格です。採用選考の際にも「資格なし」よりも絶対的に有利になります。
また実務者研修は、国家資格である介護福祉士の受験するための必須資格になるため、将来的に介護福祉士を目指したい方は必ず取得が必要になります。
無資格でも受験可能ですが、介護職員基礎研修の修了者は、受講科目が一部免除になります。