資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級の取得方法

ホームヘルパー2級の取得方法

ホームヘルパー2級の資格取得をしたい方へ

ホームヘルパー2級の資格を取得するためには、養成講座を受講する必要があります。 講座は民間の企業や地方自治体などが行政から認可を受けて実施しています。
各学校の通信講座や通学講座、いずれにせよ受講修了後に修了試験を受け、合格すると認定証が発行され、資格取得の証明証となります。 その認定証は全国どこでも、また一生涯、通用するものとなっています。
修了試験とは、スクーリングの最後に行なわれる試験のことで、それまでに学んだ内容を筆記試験にて確認するためのものです。 修了試験は落とすための試験ではなく、あくまでも学習内容の確認のための試験がほとんどで、 きちんと研修に取り組んでいただければ、合格できないということはほぼありません。
また、万が一の場合には、合格するまで無料で何度でも再試験があったり、補講を実施していたり、100%合格を保証している学校もありますので、 試験が不安で躊躇している方でも、比較的安心して資格取得に取り組みやすいのが、ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修) の特徴といえます。

ホームヘルパー2級の受講資格はありますか?

基本的に、心身共に健康で、介護に関心のある方であれば、年齢・性別・国籍・学歴などの条件は一切なく、 どなたでも受講可能です。ご本人様確認の義務がございますため、免許証等の書類の写しをご提出いただくことはあるようです。
規定のカリキュラムを修了し、試験に合格できればどなたでも取得できます。ただし、妊娠中の方は、受講できません。 また、年齢の条件がないとはいえ、概ね16歳以上、18歳以上などと年齢を規定している学校もございますので、詳しくは資料を請求してご確認ください。

ホームヘルパー2級講座の種類はどういうものがあるの?

講座は大きく分類すると「通信講座」と「通学講座」の2種類があります。
「通信講座」は基本的に約40時間の自宅学習と、90時間のスクーリングによる実技演習を受ける必要がありますので、 通信講座とはいえ、90時間は通学する必要もございます。
「通信講座」のメリットは、忙しい人でも40時間は自分のスケジュールにあわせて勉強ができるというところにあります。 働きながらの資格取得が可能なので、学習時間がどうしても限られてしまう方にオススメです。 また、完全通学スタイルよりも通信制度を取り入れたカリキュラムの方が費用は安く抑えられる傾向にあります。
「通学講座」は主に昼間に講義が行われているところが多いですが、中には夜間や週末に開講している学校もありますし、 平日5日間毎日開講している講座もあり、その違いによって、取得にかかる期間や費用も変わってきます。 「通信+通学」の併用コースより多少受講料が高い傾向がありますが、費用や時間をかけた分、得るものが多いのが通学講座です。
まとまった時間がある方や、じっくり勉強したい方、自分一人だと勉強できる自信がない方、仲間を作って楽しく学びたい方、また平日に短期集中で一気に取得したい方などにはオススメの講座です。
学校によっては無料で日程の振替がきくところもありますので、詳しくは資料を請求してご確認ください。


ホームヘルパー2級の学校ってどうやって選べばいいの?

各学校によって講座の違いがあり、通信講座・通学講座のいずれにせよ、通学することが必要になるため、基本的にはご自宅や勤務先の近くで学校を選ぶという方が一般的です。
他に学校を選ぶ条件として、最も重要視されるものの1つが「受講料金」です。
受講料金は学校によって幅があり、約50,000円~約150,000円のものまであるので、近くの学校でも受講料金を比較されて決める方が多いです。
次に重視されるポイントとしては、「受講日程や受講期間」です。いくら受講料金が安くても、ご自分のスケジュールや仕事の都合上、 どうしても受講できずに資格取得までの期間が計画よりずれてしまうと、資格取得を諦めざるを得なくなります。
学校によっては日程の振替が効かなかったり、夜間講座が無かったりするところもあるので、ご自分のライフスタイルに合わせて色々な学校を比較してみるのがポイントです。
高額の受講講座でも、様々な日程のコースがあったり、講師陣が充実していたり、資格取得後の就職サポートもしっかりしている、 また、開講場所が全国各地の駅近にあり通学しやすい、無料駐車場や保育施設が完備されているなど、メリットも多くありますので、 まずはご自身がどのように学ばれたいかを考えて、受講する学校を総体的に選ぶことが大切です。

就職先を斡旋してくれる学校もある?

学校によっては講座終了後に就職先を斡旋してくれる学校があります。 就職先は在宅介護から施設介護まで様々です。各学校のグループ企業で勤務いただける方は「受講料金全額返金制度」や、 紹介先に就職が決まれば、受講料のうち、数万円~全額が返金になる学校もあります。また、就職お祝い金として数万円が支給される学校なども数多くあります。
就職活動の準備として不可欠な「履歴書・職務経歴書の作成方法」、「面接の受け方」などをアドバイスするためのセミナーを開催したり、 実際の勤務への不安や疑問にすべて応えてくれる就職アドバイザーがいたりと、自己PRやNG表現など就職活動を成功へと導くたくさんのヒントをご紹介してくれる学校もありますので、 安易に斡旋してくれるのが良いというわけではありませんが、受講料が抑えられる点や、サポート体制が充実している点などから、頼りになる存在ではあります。